スポーツ

「春の選抜」熊本県で唯一全国制覇を達成した高校はあのお笑いコンビの母校

 春の選抜と夏の選手権を通じて熊本県の優勝回数は、実はたったの1回。それが58年の第30回春の選抜のことである。そして、その熊本県に唯一の栄光をもたらしたチームは“古豪”“名門”の熊本工だと多くの人が思うのではないだろうか。だが、熊本工は春夏通じて1回も優勝していない。あの“打撃の神様”と言われた川上哲治(元・読売)を筆頭に伊東勤(元・西武。のちに埼玉県立所沢高校定時制に転入)、緒方耕一(元・読売)、前田智徳(元・広島)、荒木雅博(中日)など、数々のプロ野球選手を輩出しながら、最高成績は夏の選手権での準優勝3回(34年、37年、96年)止まり。春の選抜にいたっては、ベスト4進出は4回あるものの、いまだ1回も決勝戦へ進出していないのだ。

 そんな熊本工に代わって、熊本県に優勝をもたらしたのが58年の第30回大会で春の選抜3度目の出場を果たした済々黌。大会では清水東(静岡)を3対0、新潟商を4対0で降すと準々決勝でエース・王貞治(元読売)を擁し、春の選抜2連覇を狙った早稲田実(東京)を7対5で、準決勝では熊本工との同県対決を5対2で制し、決勝進出を果たした。

 迎えた決勝戦も愛知の強豪・中京商(現・中京大中京)相手に7対1で快勝。この瞬間、紫紺の大旗が初めて関門海峡を越えることとなった。つまり熊本県は九州地区で初めて春の選抜優勝県となったのである。

 ちなみにこの済々黌は春の選抜は4回、夏の選手権にも7回出場していて、文武両道を誇る熊本県きっての進学校。なんとお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの母校でもあるのだ。

 さて、熊本工である。同校は大会初日の第3試合で前年の覇者・智弁学園(奈良)と激突することになった。果たして今回は熊本県きっての“古豪”“名門”の意地を見せることが出来るか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
2
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声
3
降板求める声も!欅坂46菅井友香の「胸揉んでやる」つぶやいた共演者に猛批判
4
ゆで卵が効いた!?乃木坂46山下美月、人生初タイプ水着写真にファン大興奮
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは