芸能

斎藤工が愛読した「オカズ雑誌」を告白、動画派でなく紙派だったことが判明

 イケメンにして個性的、女子たちの熱い視線を独り占めにしている斎藤工が明かした高校時代のエピソードに驚きの声が上がっている。

 3月15日、映画「ブルーハーツが聴こえる」の上映会に出席した斎藤は、高校生の頃の自分が毎日悶々としていたことを告白。艶系雑誌の「デラべっぴん」を愛読していたと語り、会場を大いに盛り上げた。

「まさか斎藤の口から『デラべっぴん』の名前が出てくるとは思いませんでした。これは1980年代後半に人気を博した大人向け雑誌で、夜の自家発電をするのに欠かせないものでした。当時学生だった男性なら誰もが見たことがあるはずです。オカズの代名詞だったと言っても言い過ぎではありません」(週刊誌記者)

 ちょっぴり艶っぽいトークで観客を楽しませるあたり、さすが斎藤といったところか。だが、長く大人向け雑誌で活躍するライターはこれに疑問を呈する。

「斎藤は現在35歳。彼が高校生だったのは約20年前、1997年ごろになります。このときはすでに動画が主流になり、紙の雑誌は年配の男性や一部のマニアのものになっていました。『デラべっぴん』も部数を大きく落としていて、内容も迷走していたんです。それでもなお斎藤が愛用していたとすると、彼は古風な考えを持っているか紙に強いこだわりがあるということでしょう。今でも紙の雑誌にこだわっている人は『音がなく動くこともない紙のほうが、あれこれ自由にイメージできていい』という考えなんですが、斎藤も同じなのかもしれません」

 今は動画派か紙派か、そのへんも気になるところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ