スポーツ

「春の選抜」21世紀枠出場からベスト4まで勝ち進んだ2校

 春の選抜は夏の選手権と違い、1都道府県1代表制ではない。秋の地区大会の成績などをもとに地区ごとに出場枠を振り分けたのちに各地区の選考委員が出場校選抜し、招待するのが“春の選抜”である。そしてもう1点。“部員不足、練習環境の不備などの困難を克服した学校”や“ボランティアなどの地域貢献で他校の模範となった学校”を選出する、いわゆる“21世紀枠”である。01年の第73回大会から設けられ、当初は2校が選出されていたが、現在では3校枠が定着している。

 今年の選抜では、その21世紀枠で選ばれたチームが大会2日目に2校登場する。第2試合の多治見(岐阜)と第3試合の中村(高知)だ。前者は報徳学園(兵庫)、後者は前橋育英(群馬)という共に甲子園優勝経験のある強豪校との対戦。両校とも秋は地区大会まで進出したものの、いずれも初戦で敗退。実力的には形勢不利と目されている。

 事実、昨年の大会終了時点で21世紀枠の初戦の成績は15勝30敗。3校に1校しか初戦を勝てない計算になるワケだ。通算成績も19勝45敗。初戦を突破しても2戦目の壁が高いようである。

 だが、そんな21世紀枠出場校の中で堂々のベスト4まで勝ち進んだチームが2校ある。01年の宜野座(沖縄)と09年の利府(宮城)だ。宜野座は初戦で岐阜第一を7対2で降すと、桐光学園(神奈川)を4対3、浪速(大阪)を延長11回のすえ4対2で振り切ってベスト4へ進出。準決勝ではこの大会の準優勝校となる仙台育英(宮城)の前に1対7で完敗したが、堂々の大健闘ぶりを見せつけた。ちなみに宜野座はこの年の夏の選手権で沖縄代表の座を勝ち取った。甲子園では初戦でまたも仙台育英と対戦。今度は春の時に負けたスコアの7対1でリベンジを果たしている。

 一方の利府は初戦で掛川西(静岡)を10対4と圧倒すると習志野(千葉)を2対1、早稲田実(東京)を4対1で撃破。ともに甲子園優勝経験校だけに当時、大きな話題となった。準決勝ではこの大会ナンバーワン左腕との呼び声高い菊池雄星(現・埼玉西武)擁する花巻東(岩手)の前に2対5で惜敗したものの、その実力がフロックではないことを高校野球ファンに知らしめたのだった。

 多治見と中村。ともに相手は甲子園常連の強豪校だが、一泡吹かせる活躍を期待したい。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題