芸能

新垣結衣 すでに疲労困憊気味も清水富美加の“穴埋め”で夏以降は不眠不休に!

「ゆーるりん」。白いハイネックTシャツの上にふわっとした茶色のキャミソールを羽織った新垣結衣(28)がスキップで登場する。白い歯がまぶしいガッキースマイルは変わらず健在なのだが‥‥。

 3月6日からオンエアされているユニクロの新CMの一場面である。ゆったりとした着心地でありながら凛とした着こなしができる「ドレープ」の商品だけあって、スタイルのよさが際立つ作りになっている。しかし、突如、小走りで駆け出すや、この衣装がアダとなる。締めつけから解放された清楚なバストは重力のままに揺れ動き、衣装の下で「ぷるぷる」と上下に振られているサマがまるわかりなのだ。

 新垣といえば昨秋、星野源と共演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で大ブレイク。中でも星野が歌う主題歌「恋」に合わせて踊る「恋ダンス」が話題を集めた。

「あのNHK紅白が昨年、SMAPの出場交渉が暗礁に乗り上げるや、『目玉不在』の窮余の一策として彼女にすがったほどです。急きょ、審査員のオファーをしたNHKの広報は『あの恋ダンスが紅白で見られるかもしれませんよ』と各紙に触れ回っていました」(スポーツ紙芸能記者)

 もくろみどおり、歌手別視聴率で星野が嵐に次いで2位につけたことで、企業の「ガッキーダンス」争奪戦となった。前出のCMでも肘を曲げ右肩に手のひらを乗せ旋回する「ゆるりんダンス」を披露している。

「1本約2000万円ほどだったCMギャラが急騰し、3000万円を超えています。これは上戸彩(31)や綾瀬はるか(31)と肩を並べるほどです」(大手広告代理店社員)

 国民的女優への仲間入りを果たした新垣だが、事務所関係者は、

「不眠不休で酷使されることになってしまった」

 と、待ち受ける未来を危惧するのだ。尾を引くのは2月に勃発した所属事務所の後輩・清水富美加(22)の「出家騒動」だという。

「事務所は昨年から『17年は清水だ!』と考えていてバラエティ、ドラマ、映画と数多くの仕事を入れていました。これが出家により、そのほとんどがお蔵入りという事態に見舞われた。損失は10億円以上になると言われます」(前出・所属事務所関係者)

 だが、なぜ新垣にツケが回るのか。そこには芸能界の“慣例”があるという。

「今回のような場合、事務所は違約金を払うか、代役を出すかを迫られます。その場合、当初より“格上”の代役を出さなければならないのが慣例です。とはいえ、所属する他の女優といえば、長谷川京子(38)や川島海荷(23)など、穏便に納得してもらうには心もとない。結果、全ての違約金に対応する余裕がない事務所は、エースの新垣に全て押しつけることになります」(前出・事務所関係者)

 気になるのが新垣の心身状態だが、すでに疲労困憊だというではないか。

「昨年、独立騒動を起こし、清水同様仕事を飛ばした能年玲奈(現『のん』・23)の後始末をさせられている最中です。事務所がテレビ局をはじめとしたクライアントの意向に逆らえず、新垣が『頭がよくないから』と苦手にしているバラエティ仕事も入れられ、親しい人間に『辞めたい』と口にするほどです。それなのに清水の分まで追加されてしまった。穴埋め仕事が本格化する今夏以降は休む間もない過密スケジュールだと聞いています」(前出・事務所関係者)

 せめて気持ちだけでも、楽しく踊るように「ゆるっと」していてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった