芸能

女芸人は服の中に手を入れられ敏感モードに!?音声マイク装着時の知られざる世界

 女性お笑いコンビ「尼神インター」の誠子は、テレビの収録現場で服の中に手を入れられ感じていた!? これは3月27日の「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)で誠子自身が告白したエピソードだ。

 同番組で「うっかり感じちゃった瞬間」を語った誠子は、音声スタッフが服の中に手を入れてマイクを付けてくれる際に「肌が触れるとすっごい感じています」と生々しく告白。共演の女芸人も興味津々の表情だったが、本当にそんなことが行われているのか? テレビ誌のライターが説明する。

「誠子の言っていることは本当ですよ。バラエティ番組で使用するワイヤレスマイクは、タバコ箱サイズの送信機を腰のベルト付近に固定し、そこから細い線を服の下に通して胸元のマイクに繋ぐ仕組みです。服を着ない芸で知られるアキラ100%などは、肌色のテープを貼って線を隠しています。ただ女性タレントには女性の音声スタッフが対応しますから、異性に肌を触れられることはないはずですが‥‥」

 同ライターによると、出番を終えたら自分でマイクと送信機を外す女性タレントも珍しくなく、その際にはインナーウェアや素肌の一部がチラ見えすることもあるとか。また腰につける送信機のスイッチを男性スタッフが操作することも珍しくない。ただその場面にいちいち反応するスタッフや出演者はいないというのだ。

「収録現場は時間との戦いですから、細かいことにいちいち興奮しているヒマなんてありません。むしろマイクの付け外しにモタモタしていたらスタッフから怒鳴られることさえあるほど。誠子がマイクの付け外しで本当に感じているのであれば、心にすごく余裕があるんだなと逆に感心しますね」(前出・テレビ誌ライター)

 妙なところで評価の上がった誠子。やはり売れっ子芸人には他人とは違う何かがあるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”