スポーツ

俺が本当に脱がせたい“スポーツ美女”!(1)1位は現役引退した木村沙織

 春の陽気に誘われるように、美女アスリートたちが次々と衣服を脱ぎ始めた。村主章枝が一糸まとわぬ姿でダンスを披露。かと思えば、山本美憂はタトゥー見せつけ胸を手で隠すなどで続いたが、本当に脱がせたいアスリート美女は誰か。競技場、ピッチ、スタジアムを沸かせた闘う美女たちに、今こそ熱い“脱ぎ”コールを送る!

 女子アスリートに注がれるグラビア需要を、アイドル評論家の高倉文紀氏が解説する。

「現在、雑誌のグラビアは胸が大きいアイドルが低迷期にあり、いわゆるグループアイドルが席巻している。その点、知名度が高く、プロポーションにたけた女子アスリートは、水着姿などが想像しにくい。その意外性が、男の好奇心をそそるのです」

 2月16日には、元フィギュアスケート選手、村主章枝(36)のヌード写真集「月光」(講談社)が発売。また、3月14日発売の「FLASH」(光文社)では、山本美憂(42)が「最強ヌード」を披露しており、この春は、女性アスリートヌードが“マン開”模様のブームとなっている。

 が、まだまだモノ足りん! と思い立ち、男性読者1000人に向け、日本で活躍する女子アスリートの「ホントに見たいヌード」を大アンケート。結果、栄えある「美女アスリート日本代表20」のトップに輝いたのはバレー界随一の美乳、木村沙織(30)だっ!

「ユニホーム越しに見せつけられたみごとなバストラインは、ぜひともグラビアでお披露目してほしい」(52歳、鉄鋼業)

「アタックの着地後に縦揺れするさおりんの胸は、女子バレー界どころか国宝級の至宝! 全裸バレーを拝んでみたい」(57歳、公務員)

 と、その推定Dカップに熱い視線が注がれた。

 芸能評論家の織田祐二氏も推奨する。

「試合中にユニホームの脇下から、ブラひもをたびたびのぞかせてはいました。しかし、時折、何も見えず、“ノーブラ疑惑”がささやかれていた。激しい競技だけにヌーブラの可能性は低く、本人が付け忘れていたとしか思えない‥‥。ここは生乳解禁に出て、ファンの疑念を晴らしてみてはどうか」

 3月22日の引退会見では、「子供は2~3人欲しい」と専業主婦になることを宣言したばかりだが、スポーツ紙デスクが語る。

「本人は家庭を大事にしたいと発言していたが、それを許す環境にない。夫は元バレー選手とはいえ無名で、世界のトッププレーヤーの木村との稼ぎは比べ物にならない。すでに解説の仕事などオファーは殺到しているが、現役を退いても木村の知名度があれば簡単に稼げます」

 まだまだバレー界にはさおりんの力が必要なのだ。

 1位に肉薄した2位は、フィギュア・浅田舞(28)。

「高貴な顔だちと凹凸のあるプロポーションがそそる」(60歳、建設業)

「妹にはない軟らかそうな巨乳がすばらしい」(64歳、警備会社)

 妹・浅田真央(26)=4位=との得票差の理由は、ずばり、たわわな軟乳にあった。ライターの尾谷幸憲氏もグイ推しする。

「選手時代は鬼コーチの厳しい指導に追従する“ドM”適性の持ち主と思われ、ヌードまであと一歩。特に妹へのコンプレックスが強いだけに、『次は芸能界でメダルを獲れ』とヌード撮影に誘えば素直にハイと答えてくれそう」

 一昨年の水着写真集の次はやはり‥‥。

「すでにタレントとしてテレビなどで活動中の舞だが、妹・真央が代表選手として輝いてこその人気。現状では真央の次期冬季五輪選出が厳しいだけに、姉としては一肌脱ぎたい思いでしょう」(前出・スポーツ紙デスク)

 鮮烈Gカップヌードこそ、妹の五輪復帰のカンフル剤となるか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】