芸能

フリー美女アナ「勝ち組・負け組」のオフレコ評判!(2)私生活は「大女優クラス」の夏目三久

「ささやかれていた『あさチャン!』(TBS系)の“3月降板説”も乗り切って、名実ともにフリー女子アナのトップに君臨しています」(スポーツ紙記者)

 と女王の風格十分なのが夏目三久(32)だ。昨夏の有吉弘行(42)との「妊娠スキャンダル」でも、番組降板などのダメージを負うことはなかった。

「かつては有吉が住むマンションの近所に部屋を借りていましたが、今では高級ホテル暮らし。セキュリティも万全で、マスコミに追いかけ回されることもない。大手企業のCMにも出演し、億単位の年収があるからこそ、こうしたリッチな生活ができるのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 そんな夏目には、これまで何度も「女優転身」が噂されてきた。

「本人の意向はさておき、所属事務所の社長が一流女優に育てたいともくろんでいるのは事実のようです」(前出・スポーツ紙記者)

 その寵愛ぶりも影響してか、私生活ではすでに「大女優クラス」と言えよう。

 100人以上の逸材が在籍し、「美女アナ軍団」の異名を持つ「セント・フォース」が、若手のホープとして期待を寄せるのがSKE48の元メンバー、柴田阿弥(23)。4月1日放送予定の特番「まさかの事態に備えよ! マニュアルそうさく隊」(フジ系)に出演するなどメディアへの登場が増えている。

「今年1月からMCを務める『ウイニング競馬』(テレビ東京系)が好評。AbemaTVでも週4回ニュース番組に出演しています。セント・フォースは、“元アイドル”の肩書を十分に生かし、テレビだけではなく、ネットで番組を観るような若い世代にもアピールしていく戦略のようです」(テレビ誌記者)

 その柴田と同じ事務所で、現在最も勢いがあるのは、“黒すぎる女子アナ”こと岡副麻希(24)だ。丸山氏も絶賛する。

「“元局アナ”ではないフリーアナがここまで活躍した例は記憶にない。彼女の天然キャラが視聴者に受け入れられた結果でしょう。まだまだ高い目標に向かって突き抜けられるポテンシャルの持ち主です」

 3月13日放送の「痛快TVスカッとジャパン」(フジ系)では、番組内のショートドラマで演技に初挑戦。

「本人は『今後は青春ドラマに出てみたい』と前向きでしたが、正直、演技力は苦笑レベル。とはいえ、バラエティ番組では、レギュラーの『めざましテレビ』(フジ系)では見せない天然ぶりを発揮。無自覚に痴態をさらすことも多く、オジ様ウケも抜群です」(前出・スポーツ紙記者)

 ニホンモニター社発表の「2016タレント番組出演本数ランキング」では、339本で女性タレント部門の5位。女子アナでは1位に輝いた。そうした意味で右に出る者はいない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”