スポーツ

「春の選抜」履正社優勝への有利なデータ&不利なデータ

 いよいよ今年の選抜も最終日を残すだけとなった。準決勝第1試合では、履正社(大阪)が報徳学園(兵庫)相手に9回表、劇的な逆転劇を見せ、6対4で勝利。3年ぶり2回目の決勝戦進出を果たした。前回の14年第86回大会では龍谷大平安(京都)相手に2対6と敗れ、準優勝に終わっているだけに、今回はなんとしても初優勝を飾りたいところだろう。

 実は春の選抜ではこの5年間、“初優勝”が連続している。12年第84回大会での大阪桐蔭に始まり、浦和学院(埼玉)、龍谷大平安、敦賀気比(滋賀)、そして昨年の智弁学園(奈良)。どのチームも高校野球界屈指の強豪で、それまで春の選抜で優勝経験がなかったのが不思議なくらいだった。中には浦和学院や敦賀気比、智弁学園と、春夏を通じての初優勝だったチームもあるほどだ。そして今回の履正社も春夏を通じて初の優勝を目指す。果たしてこの流れに乗ることが出来るか。

 とはいえ、履正社には不吉なデータもある。それは、選抜の前年秋に開催された明治神宮大会の優勝校が“苦戦している”というデータだ。履正社は昨年秋の明治神宮大会決勝で早稲田実(東京)を11対6で降し、優勝を飾った。その実績を買われ、今大会も堂々の優勝候補筆頭に推されていたワケだ。しかし、現在のように秋季地区大会の優勝校10チームによるトーナメント形式の大会になったのは00年の第31回大会から。それ以降、明治神宮大会の優勝校で春の選抜も制覇したのは02年第74回大会の報徳学園ただ1校のみ。逆に準優勝止まりだったのは、04年第76回大会の愛工大名電(愛知)、12年第84回大会の光星学院(現・八戸学院光星=青森)、そして昨年の第88回大会の高松商と3チームもあるのだ。履正社にはなんとも不吉なデータであるろう。

 履正社にとって有利なデータと不吉なデータが並ぶ決勝戦。さて、その結果はいかに。

(高校野球評論家・上杉純也)

関連記事:昨夏の甲子園覇者・作新学院は史上5校目の“夏春連覇”達成なるか? http://www.asagei.com/excerpt/77595

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒