社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「温泉に行くことで疲れは取れるのか?非日常に身を置く“転地療法”の効能」

「最近、体が不調気味です。ゴールデンウイークはのんびりと温泉に行くか、家でゆっくりするか、どちらがいいですか?」

 読者の方からこんな質問をいただきました。ゴールデンウイークの温泉地は混雑しているでしょうが、混雑という二文字を除いて考えれば、答えは明白です。「家でのんびりする」のと「湯治へ行く」のとを比べた場合、リフレッシュ効果を考えると後者が断然上です。「湯で治す」と書くとおり、温泉療法には効果があることがわかっています。「湯」のことだけを考えた場合、例えば「草津の湯の花」のような「ご家庭で気軽に温泉気分」をうたっている「温泉の源」を買ってきて家のお風呂に入れても、ことは同じです。

 あるいは、温泉地の源泉を運んできてつかれば、もっと温泉気分に近づけるでしょう。

 ひと言に「温泉の効能」と言っても、泉質によりさまざまで、医学的に証明されていないケースが多いのです。

 例えばナトリウム泉は、湯に塩が混ざっているだけで、塩分の殺菌効果は期待できても、体にいいかどうかは計りかねます。皮膚がツルツルになるとされるアルカリ泉は、確かにそのとおりの効能があります。同じく炭酸泉の「体が温まる」という効果もそのとおりでしょう。「リウマチやガンなど万病に効く」とされるラジウム泉(放射能泉)は「もしかすると‥‥」という感じもあります。

 その他、「高血糖や動脈硬化、高血圧に効く」とされる硫黄泉や「貧血、更年期障害に効く」含鉄泉など、持病のある方は効能を調べて「ダメもと」で湯治するのも一つの手ですが、いずれの泉質も、お湯の中にある「薬効成分」は微々たるものです。

 ヨーロッパなどのテルメセラピーでは、コップを持たされて「お湯を飲む」という治療を行います。これは体内に入るので効果もありますが、日本の温泉のように、お湯に浸るだけでエキスが体内にしみこむわけがないのです。

 では、温泉の何が効果的なのでしょう。答えは「転地療法」です。日常から離れることが温泉における最大の効能です。

 豪邸に温泉並みの浴室を作り、そこに温泉地のお湯を入れたとしても、地方の小さな温泉で浸る効能のほうがはるかに上です。

 仕事や家庭、育児、人づきあいなどの日常から離れて「非日常になる」ことが、ストレスを解消させて体力を回復させるポイントとなります。

 温泉地の食事は宿によりばらつきがあります。下手をすると、近所のおいしい店やこじゃれた料亭のほうがおいしさは上でしょうが、温泉地の食事の利点は「上げ膳据え膳」。

 大しておいしくもない料理であろうと、お湯に浸ってお酒を飲み、食事の支度をしないで済むことが女性にとって「非日常気分」を増加させ、一番の効能となるわけです。

 奥さんとうまくいってない時、一緒に温泉に行くと夫婦仲はよくなります。いつものように食事の用意をせず、お風呂の掃除もしなくて済むのが「心の安定」を生み出すわけです。湯治とは、こうした環境の変化が最大の効能となります。温泉の素を買ってきて自宅の湯に入れても、こうはいかないとご理解いただけるでしょう。

 おいしい料理を食べて太ってしまうこと、酒を飲みすぎてひっくり返る、お湯につかりすぎてのぼせる、などの欠点を除くと「温泉でゆっくりする」ことは、非常に効能があるのです。たまにはボケーっとして体をリセットしてください。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!