芸能

「嵐にしやがれ」放送時間変更で視聴率が急上昇も懸念される不安要因とは?

 嵐のレギュラー番組「嵐にしやがれ」(土曜夜9時~・日本テレビ系)の視聴率が上向いている。同番組はこれまで土曜夜10時に放送してきたが、4月改編で29年間続いた夜9時のドラマ枠とスイッチした。

「同番組は嵐の冠番組で、4月で放送から7年ですが、視聴率はかんばしくなく、2月11日9.7%、2月18日10.4%、2月25日8.3%、3月4日7.6%、3月11日9.3%と1桁が当たり前となっていた。ジャニーズ事務所では、『SMAP×SMAP』のような長寿番組に育て、冠番組にふさわしく常時2桁の数字をあげたいと熱望。日テレがその願いを聞き、番組枠入れ替えが決まった」(芸能ライター)

 結果は4月15日の特番が14.2%。レギュラー放送になった4月22日11.6%、29日12.3%(いずれもビデオリサーチ調べ・関東地区)と連続で2桁の数字となった。テレビ誌記者が解説する。

「15日の放送は3時間スペシャル。嵐メンバーがロケに出たり、従来の企画もので特別ゲストを投入。お得感があった。通常放送になった22日のゲストは明石家さんま、29日はくりぃむしちゅー。コーナーを刷新、ゲストのしゃべくりを主体に番組が進行するスタイルに変更された」

 ところが、視聴率こそ2桁だが、ゲストが名うての芸人の放送回では、芸人のほうが進行もボケもツッコミも自由自在で嵐はツッコミを入れる間さえ取れなかったという。

「結果、嵐のしゃべりも出番も激減。ファンの評価も、『嵐の見せ場がない』『アップが減った』『ゲスト主導の番組はやめて』と散々。番組が目指すのは、芸人がゲストに話を聞く『しゃべくり007』のようだが、芸人全員がゲストをネタにしながら自分も輝ける技術があるからこそできる番組。嵐メンバーにその技術はない。おいしいところをさらわれたら、それっきり。ゲスト次第で視聴率は乱高下しそうだ」(前出・テレビ誌記者)

「嵐に──」と入れ替えになった土曜夜10時のドラマ第1弾「ボク、運命の人です。」は4月15日12.0%、22日9.6%、29日9.2%と右肩下がりを続けている。一時的に嵐の番組の数字が上がっても、ファンに総スカンの番組内容では急降下必至。番組枠入れ替え失敗で共倒れにならなければいいが。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」