芸能

有吉弘行も頭が上がらない!?ダチョウ倶楽部・上島竜兵のトンデモ伝説!

 依然として「バブル」が弾けない有吉弘行。1996年ごろには、「進め!電波少年」(日本テレビ系)のヒッチハイク企画で一躍有名人となったが、旬が過ぎると仕事はゼロに。およそ7年も無職同然だった。そのころに支えてくれたのは、事務所の先輩であるダチョウ倶楽部・上島竜兵だ。放送作家が、当時を振り返る。

「一時、心も病んでしまい、ひきこもりがちになった有吉さんを上島さんは、“竜兵会”の集まりという理由で外出させ、帰りにはタクシー代としてお手当てを渡したと聞いています。かわいい顔で人を気持ちよく飲ませるテクニックもあった有吉さんを、月給20万円でお抱え運転手兼弟子にしようとした時期もあったとか」

 竜兵会は、ダチョウの上島と肥後克広を中心に、有吉、土田晃之、デンジャラス、劇団ひとり、カンニング竹山ら、当時は時間を持て余していた芸人で立ちあげ。上島は「太陽さま」という呼び名で親しまれた。

「伝説も多いですよ。上島さんが珍しく超マジメにお笑いについて語ろうとしたら、店のブレーカーが落ちたとか(笑)。しかも、2回連続で。バラエティ番組で披露するためのおもしろ画像を写メで撮ろうとした瞬間に、出会い系メールが届くとか。ボトルキープしている焼酎の中身を、有吉さんが水に変えて、水で水を割った謎のドリンクを出していたにもかかわらず、2時間後にはベロベロに酔っ払っていたとか。こんな話は枚挙にいとまがありません」(前出・放送作家)

 いわば、有吉らにとって上島は一生の恩人。上島が老後、仕事がなくなっても、面倒を見ようと、30代のころから“上島貯金”を積み立てているという。そんな上島の誕生日は1月20日の大寒。1年でもっともサムい日が誕生日という宿命も、さすが。だが、後輩にとっては「太陽」のように温かい存在なのである。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
3
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
4
「新番組発表」とんねるず石橋貴明、TVレギュラーが消えたとしても困らぬ理由!
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃