芸能

「孤独死」した美少女アイドル川越美和が、最後に出演した映画の役どころ

 5月30日発売の「週刊女性」で、美少女アイドルとして「第31回日本レコード大賞」新人賞を受賞し、女優としても活躍していた川越美和が、08年にひっそりと孤独死していたことが報じられている。

「川越は歌手としてデビュー後、すぐに連ドラ『時間ですよ・平成元年』(89年・TBS系)でレギュラー出演を果たし、女優としても活躍。『HOTEL2』(92年・TBS系)、大河ドラマ『毛利元就』などの人気作品にも出演していました。07年に芸能界を引退しており、その後はテレビなどで表に出てくることはありませんでした」(ベテラン芸能記者)

 記事では彼女の引退後をたどっており、経済的な苦境が伝わってくる。

「フレンチブルドッグ2匹と暮らし、不動産会社のテレホンアポインターで生計を立てていたようです。当時の彼女を知る人物が語るには、悪い人間に引っかかって保証人になってしまい、川越に金銭の請求が来るようになっていたそうです」(芸能ライター)

 荒んだ生活となり、メンタルにも支障をきたした川越。クリニックで処方された10種類ほどの薬を飲む生活で、実家からも“勘当状態”だったという。追われるように08年、羽田空港のほど近くに引っ越したが、その1週間ほどのち、室内で川越の遺体が見つかったという。

 最後に出演した映画は07年公開の「松ヶ根乱射事件」。この作品での川越の役どころは、ひき逃げされるが実は生きていて…という難しい役だった。実家のあった鹿児島県錦江町には、川越のお墓が建てられているという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
3
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!