スポーツ

宮里藍「電撃引退」で恋人マネージャーとの行方は?(1)ツアー中の会見は“禁じ手”

 日本の女子ゴルフ界を牽引してきた宮里藍が今季限りの電撃引退を発表した。そこで浮上したのが「寿引退説」。ところが、記者会見でも結婚話は一蹴され、大団円の裏で歯切れの悪さが残った。実は「公然の秘密」と言われる、誰も触れることのできない「タブーな10年愛」があったのだ。

 会場に集まった報道陣はなんと約300人。32歳での早すぎる宮里藍の引退理由に注目が集まった。しかし、その答えは実に平凡なものだった。

「モチベーションの維持が難しくなった」

 と、ここ数年間の厳しい成績をあげつつ、肝心のプライベートについては「(結婚予定は)今のところはないです。ごめんなさい」と、爽やかに応じるにとどまった。

 いささか拍子抜けの記者会見の舞台裏をテレビ局スタッフが明かす。

「突然、『3日後に引退表明会見』というリリースが流れ、誰もが驚きました。ツアー開催中の発表自体が異例ですからね。試合のことよりも引退の報道ばかりが流される事態は、スポンサーのことを考えれば禁じ手のはず。そこで、テレビ局も新聞社も総力をあげて引退理由を探ったものの結論は出ずじまい。週末の一部の情報番組で、交際相手との寿引退説まで報じられたことで、プライベートについても注目が集まったのです」

 これまで宮里といえば、プライベートについての浮いた噂は皆無だった。それというのも、宮里に長年交際している相手がいることは、いわば関係者の間では「公然の秘密」だったからだ。さるゴルフ関係者が匿名を条件に告白する。

「宮里には公私ともにパートナーと呼べる存在がいるのは事実です。ただ、ストイックにプレーに打ち込む宮里に対して、遠慮して報道陣も聞けなかったというのが正直なところ。引退会見でも、民放各局が生中継する中で、会社名と所属先、名前を告げて、笑顔の藍ちゃんに向かって、『交際は順調ですか』と聞ける記者はいないでしょう(苦笑)。昨年オフ、破局説が流れた時も、2人の交際はタブー視されていたので、うやむやのままでした。本音はそこが知りたいのですが‥‥」

 この交際相手こそ、会見場の後方で静かに見守っていた、渦中のマネージャーT氏。T氏と宮里の関係は、すでに10年以上になる。家族も公認の仲で、数年前から「結婚も時間の問題」と見られていた。米・西海岸在住のスポーツライターが振り返る。

「2人の出会いは05年の米ツアー予選会まで遡ります。国内ツアーで04年5勝、05年も6勝し、米ツアーの予選会も通過、藍ちゃんフィーバーが巻き起こった時期でした。当時、宮里には別のマネージャーがついていましたが、日本のマスコミ連中との間に軋轢が生じていることが唯一の難点でした。そこで父・優さんが白羽の矢を立てたのが、アメリカで通訳兼現地コーディネートの手伝いをしていたTさんだったんです。その後、藍ちゃんの個人事務所に所属し、06年の米ツアー本格参戦から現場を仕切るようになった」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察