芸能

石原さとみはCM戦略も主演ドラマよろしく「地味にスゴイ!」だった

 石原さとみ主演の昨年のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)が、スペシャル版「地味にスゴイ!DX校閲ガール・河野悦子」として今秋放送されることが決定した。同ドラマは平均視聴率12.3%と安定した人気を誇ったが、石原には出演CMにも並々ならぬ“地味スゴ”なイメージ戦略があるという。

「新製品や季節ものなど印象に残りやすいCMに出演させるのは、所属タレントを売りたい芸能事務所としては当然ですが、彼女の事務所はその出演数が年間で一定量を超えないように調整しているんです」(芸能誌デスク)

 出演数を制限するとはどういうことか。ニホンモニター発表の「CM起用社数ランキング」を見ると、15~16年は8社、13~14年は9社と10を超えない数字が並ぶ。トヨタ自動車や明治ガルボなどのCMインパクトが大きいわりにはCM女王になった経験もない。一方で、「好きな俳優・嫌いな俳優ランキング2017」では、好きな女優部門で16年の圏外から7位にジャンプアップし、逆に嫌いな女優では4位から6位となった。また、ビデオリサーチの「テレビタレント・イメージ調査ランキング」では16年2月度が16位、同8月度が10位、17年2月度が9位と徐々に順位を上げ、「日経エンタテインメント」の「タレントパワーランキング」では総合順位が15年88位、16年27位、17年8位と、ついにベスト10入りを果たした。つまり好感度は年々ジワジワと上昇しているのだ。

「一気に出過ぎると視聴者の反感を買ったりすぐに飽きられたりしますし、逆に出ない期間があると忘れられるというのがテレビタレントの宿命です。ここ数年を見れば、出演CMを厳選する事務所の“地味ながらスゴイ”方針は見事に成功していると言えます」(前出・デスク)

 生来のかわいらしさに加え、アラサーとなって艶も増した彼女の次なるCMを楽しみに待ちたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ