芸能

大竹まこと「藤井四段ディス」成功でオリラジ中田が「逆張りお株」奪われた?

 大竹まことが実に5年ぶりとなる注目を浴びている。事の発端は6月28日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)にて、連勝街道をばく進中のプロ棋士・藤井聡太四段を「14歳のガキ」呼ばわりし、「これ以上調子に乗らすな。誰かシメてやれ!」と放言したもの。

 この発言で世間からの集中砲火を浴びると、今度は28日放送のラジオ番組「大竹まこと ゴールデンラジオ!」にて、「こっちは芸人だから笑ってほしくて言ってるだけだから。本人を誹謗中傷するつもりは何もない」と釈明。その上で、「一人ぐらいはね、いろんな意見があっていいじゃないか!」と自己弁護したのである。それらの発言について芸能ライターは、大竹の計算通りとの見方を示す。

「もともと憎まれ口が得意の大竹も、最近は毒舌キャラのタレントが増えたことから目立たない存在になっていた。そこに降って湧いたのが藤井四段という格好のターゲット。ファンの年齢層が広い将棋界の新星だから、68歳の大竹が彼を批判すれば、同世代の視聴者が『そうだそうだ!』と盛り上がってくれるからね。これがSMAPや小出恵介の批判だったら、大竹の悪口に誰も注目しなかったはず。今回の騒動は最高のタイミングで絶好のターゲットを相手に逆張りをかました大竹の作戦勝ちだろう」

 おかげでネット上では「大竹まこと」の検索回数が激増。12年12月に「THE MANZAI」(フジテレビ系)の審査員を務めた時以来の注目度を浴びることとなった。その現象について前出の芸能ライターはこう分析する。

「今ごろオリエンタルラジオの中田敦彦をはじめ、逆張りコメントを得意とするタレントたちは『やられた!』と思っているんじゃないかな。話題性十分の藤井四段を叩けば、ほぼ確実に注目を浴びられたはず。そのタイミングを狙って沈黙を守っていたのかもしれないが、まさか大竹が一番おいしいところを持っていくとは想定外だったろうね」

 しかも大竹の場合、14歳の藤井四段に“じじい”の立場で苦言を呈する形ができたのも大きかったはず。どうやら大竹もダテに年齢を重ねているわけではないようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…