芸能

みやぞん、「ナカイの窓」に出演も「オチがない、話がくどい」と批判続出!

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)での様々なミッションに挑戦する奮闘ぶりなどで、もっかブレイク中のお笑いコンビ「ANZEN漫才」の“みやぞん”。7月12日放送の「ナカイの窓」(日テレ系)に所属事務所・浅井企画の代表として出演し、即興で歌を作る特技などを披露した。が、これに視聴者から賛否両方の声があがっていたようだ。

 得意のギターネタでは出演者から「浅井企画の良いところ」を募って即興曲を作ったものの、結果は「五反田駅から近い」「社長がやさしい」「ギャラが良い」というキーワードをただ並べただけ。さらに司会の中居正広から「バラード調でもう一回」とリクエストされるも、今度はマイナーコードをいくつか弾いただけで何も歌わずに曲を終える始末。そんなみやぞんにお笑い系のライターが顔をしかめて言う。

「今回のように特にオチのない芸風が彼の持ち味。それは屈託のない笑顔を絶やさない人柄があってこそ成立するもので、みやぞんというキャラを好きになればこの芸も受け入れられますが、純粋にお笑いネタとして見た場合には相当厳しいものがあります。彼の良さはイジられても絶対にメゲないところで、だからこそテレビ的には使い勝手もいいのですが、彼の芸がハマらない視聴者にとってはゴリ押しに見えるのも否定できないでしょう」

 そのみやぞんは、自分の母親がスナックを経営しており、かつては旅の一座で踊り子を務めていたと告白。当時は前座の芸人がかすんでしまうほどの面白さで人気を博しており、みやぞんが吉本の養成所に入りたいと言った時には「笑いって学ぶもんじゃない」と反対したという。

「このエピソード自体はすごくいい話なのですが、問題はみやぞんの話が回りくどすぎて、相当な時間を食ってしまったところ。今は売れっ子ゆえに長めの尺をもらうことができ、最後まできっちり説明できますが、ブレイク期を過ぎてからもこの芸風が通用するかどうかは正直、疑問ですね」(前出・お笑い系ライター)

 そんなみやぞんに対してはファンから「いい人すぎ」「面白すぎる!」との声が聞こえる一方で、アンチからは「ゴリ押しがひどい」「サンシャイン池崎とどっちがウザい?」といった否定的な声も頻出している。はたして今の芸風を維持したままこの先もやっていけるのか。これから正念場を迎えることになりそうだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!