社会

魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(6)口説けないなら番組に出す

 徳大寺美瑠は、往時を懐かしむように言う。

「お店の制服はあるから、女の子たちはGパンとTシャツで来ればいい。出勤は自由だし、女の子たちは働くというより、遊びに来てお金をもらっている感覚。まだ10代の子も多かったし、それは楽しかったと思うわよ」

 実際、風吹ジュンはこの店で20歳の誕生日を迎え、その日を最後に芸能界に羽ばたいてゆく。徳大寺は、芸能人養成を目指して店をオープンさせたわけではないが、客の熱意がそうさせたと言う。

「たまたまかわいい子が多くて、お客さんも『この子とお願いしたい!』って話になるの。もちろん、簡単に体を許す子たちではないから、そのうち業界のお客さんが『じゃあ、ウチの番組でアシスタントに』という形に変わっていって、それからタレントの登竜門と呼ばれるようになった」

 狭い店だが、お客さん2人に女の子を5人つける態勢で客を楽しませた。たまにマナーが悪く、ママ特有の「関東破門状」という名の出入り禁止を言い渡されても、それでも客は店にやって来たという。

 美瑠ママの“女の子を見抜く目”に加え、店には「日本一のスカウトマン」の名刺を持って銀座の街角に立つ飯田剛という名物男もいた。こうして「徳大寺」は、70年代の銀座を代表する名店に育っていった。

 ただ、こうして芸能界に旅立った者の多くは、今となっては「なかったこと」として封印している。テレビで“架空の経歴”を目にすると、寂しい気持ちになると美瑠ママは述懐する。

 奥澤によれば、名物ホステスの存在は、常に銀座の活性化と一体であった。例えば、作詞家・山口洋子がオーナーを務めた「クラブ姫」にいた大門節子は、梅宮辰夫との結婚・スピード離婚で知られるが、それだけではないと奥澤は言う。

「彼女が広島に行ったら、50人ものヤクザが膝を折って出迎えに来た─という逸話があります」

 その大門と離婚した梅宮は、銀座で一時代を築いた「シルクロード」で働いていた外国人ホステスと再婚。梅宮アンナの母であるクラウディア夫人のことだ。

 さらに大門もまた、離婚直後にキックボクシングのカリスマだった沢村忠と婚約して話題となるが、結婚までには至らなかった。

 そんな昔話だけでなく、今なお、いいオンナを巡るバトルは健在であると奥澤は言う。

「何年か前に銀座から六本木に進出したオーナーは、あまりにも六本木の店から女の子を引き抜いたものだから、開店日に双方の街から60人もの黒服がにらみ合う異常事態になってたよ」

 そしてここ数カ月、銀座には活況が戻り、まだまだ「街の熱」は冷めやらない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!