芸能

梅宮アンナ「父の料理ノートが20冊ぐらいあった」

●ゲスト:梅宮アンナ(うめみや・あんな) 1972年、東京都生まれ。街でスカウトされ、19歳で芸能界デビュー。女性誌「JJ」「CLASSY」「VERY」などの専属モデルとして人気を博し、90年代半ばより、タレントとしてテレビドラマやバラエティー番組などに幅広く出演。94年のドラマ「カミング・ホーム」(TBS系)で女優デビュー、父親の梅宮辰夫と親子共演も。20年、自身のファッションブランド「anmo(アンモ)」を立ち上げ、商品をプロデュース。最新刊「梅宮家の秘伝レシピ」(主婦の友社)発売中。

 故・梅宮辰夫が遺した料理ノートを基に「梅宮家の秘伝レシピ」を発売した梅宮アンナ。父が居を構えた真鶴に移住し、心機一転。最近はテレビ出演やSNSでの発信など、精力的に活動中だ。料理本に込めた思いや黒塗り看板騒動など、旧知の天才テリーに全てを打ち明けた!

テリー お父さんが亡くなって何年になるんだっけ。

梅宮 もう丸2年です。今年で三回忌ですね。

テリー そうか。もうそんなになるのか。それで今回「梅宮家の秘伝レシピ」という本を出すことになったの?

梅宮 これは父が作ってきた膨大な料理のレシピが20冊ほどのノートになってるんですけど、いつもそれを持って台所に立ってたんですね。それこそ「家庭画報」や「dancyu」を購読していて、気になるページを見つけると、「あ、うまそうだ」って、出刃包丁で切り取っていたり。

テリー 雑誌を包丁で切っちゃうの?

梅宮 そうなんですよ、まな板の上で(笑)。で、そういう父の姿を何気なく見てたんですけど、亡くなってからノートを見てたら「これ食べたな」とか「もうちょっと味わって食べれば良かったな」とか、「この料理にはこんなエピソードがあるな」とか、いろいろ思い出して。

テリー へぇ。

梅宮 で、「これ、もしかして一冊の本にしたら、みんな喜ぶんじゃないか」と思ったんです。父も何冊か料理本を出してるし、私もお料理の本はたくさん見てきたんですけど、すごく難しく書いてあったり、お料理ができない人からすると、何が書いてあるかわからないんですよ。

テリー アンちゃんはあんまり料理やらないからね。

梅宮 そう。梅宮家はずっと父が作ってきたから。やっぱり作る人がいると、作らないんですよね。

テリー まぁ、それはそうだね。

梅宮 だから「お料理ができない人にも簡単で、初めて作ってもらえる本になったらいいな」っていうのがまずテーマで。あとは料理に必ずストーリーを付け加えるっていう、新しいお料理レシピ本を作ろうと思って。で、いろんな人に相談して、うちの事務所の人も出版社に話を持って行ってくれたりしたんです。そしたら、主婦の友社が「それはおもしろい、やる」って手を挙げてくれて。

テリー これ、料理の点数も多いからさ、実際に料理を作って、写真を撮ってって、それだけでもすごく時間がかかるじゃない。どのぐらいかかったの?

梅宮 3日間です。もう真夏だったので、汗だくになりながら、朝からずっとお料理の先生に再現してもらって、私が味見をして。

テリー 味もちゃんと再現したんだ。

梅宮 父のレシピ通りにすると、昔の人だから塩っ辛いんですよ。だから「このまま作ると、みんな病気になっちゃうね」って、お料理の先生と出版社の人と相談して、少し手直しをしてますけど。

テリー あ、じゃあ今の時代に合わせて、ヘルシーになってるんだね。

梅宮 そうです。作って食べてみて、味が薄ければ足してくれればいいので、そういう分量は、参考にしてもらえばというか。でも、「まさにこれが作りたかった」っていう料理本になりましたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権