芸能

Hカップ和地つかさが男に馬乗り!?酒宴での「激艶豹変」に視聴者が大興奮!

 幼げな表情とHカップバストのギャップで人気のグラドル・和地つかさが、7月22日放送の「ゴッドタン」(テレビ東京系)にて、人気企画の「アイドル飲み姿カワイイGP」に初登場。グラスワインをグイグイ空ける豪快な飲み姿を披露し、そこで見せた豹変ぶりがネットで大きな話題になっている。

 普段は子猫っぽいイメージの和地だが、ワインが進むつれ「ガンガンいくタイプなのよ、私」と呑兵衛の目つきに変化。飲み相手のディレクターに「隣り来ようよ、一回来よう?」と絡みだし、相手が敬遠すると「ああ、そういうの苦手なタイプかー! 厳しいよぅ!」とダメ出しする。さらには自分の体を見るように要求し、断る相手を「引いてるやんけ!」と罵倒する始末だ。

 終盤には9杯目のグラスワインを一気飲みすると、「仲間や! もう好き~」と男同士のようなハグを交わす有様。さらには「ねぇ、チューする?」と迫りまくり、相手が拒否すると馬乗りになって「一回やろうか! やっとこうかー!」と絶叫したのである。

「和地は一人飲みも平気な酒好きで、ツイッターではしょっちゅうその飲みっぷりを報告。ファンも彼女の酒豪ぶりを知っていますが、まさかここまでとは思っていなかったことでしょうね。今回の『飲み姿カワイイGP』では別のグラドルが勝利したものの、ネットではYahoo!の急上昇ワードランキングで“和地つかさ”が2位にランクインする大躍進を遂げました」(グラビア誌編集者)

 そんな和地は翌23日に「いろいろ思うこともあるので、本日はひとり日本酒バーでしっぽり」とツイート。飲みの記憶がまったくないことを反省していたようだ。それでもファンからは「面白かった!」「一緒に飲みたい、怖いけどw」といった声が続出していたのである。

「彼女は舞台への出演も多く、女優としての実力も高い。それに『売れたい!』という意欲も強く、バラエティ番組でどんな企画にも真剣に取り組む姿が評価されています。今回も記憶をなくすほどに飲んで自分の素をさらしつつ、朦朧とした意識の中で最後の一線だけは超えないように勝負した姿勢がいかにも彼女らしかったですね」(グラビア誌ライター)

 厄介な絡み酒でも和地なら大歓迎。今回の放送を見て彼女との飲み会を夢想した視聴者も多かったことだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…