政治

上西小百合、「ノンフィルター議員」宣言の狙いは「第二の加藤紗里」!?

 エスカレートする手口はあの人物を彷彿とさせる。

 ドイツのサッカークラブ・ドルトムントのファンを自称し、ドルトムントとの親善試合で善戦した浦和レッズに心無い発言をしたことで大炎上騒ぎを起こしている上西小百合衆院議員が、7月24日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)にVTR出演。今後の自身の方向性について語っている。

 上西氏は「議員になりたての時は、これもしちゃいけないのかな、あれもしちゃいけないのかなっていうふうに何もしなかった」と振り返ったうえで、この騒動について「こうなった以上、もう振り切ってニュータイプのノンフィルター議員になりたい。『素の私を見てください、何でも言います、何でも包み隠さず』という議員になりたい」と、あくまで開き直る方向性であるようだ。

 上西氏のSNSでのツイートや騒動後の一連の言動には、ワイドショーに出演するタレントたちもすっかり呆れているのだが、確信犯的に炎上騒ぎを起こす姿にネット上からは「あのタレントとやっていることが大差ない」といったツッコミが多数見られ始めてきた。

「議員でいられるのももう長くないでしょうし、今後を考えた時に芸能界で頑張っていきたいという思惑があるように見受けられる。それを目指す手段として過激な発言をしてとにかく炎上して目立っていこうというスタイルでしょう。そうなった時にどうしても上西さんとダブってしまうのは狩野英孝騒動で急浮上した『プロ炎上家』の加藤紗里ですよね。擁護の声が一切なくても戦い続ける上西さんのメンタルの強さは加藤に匹敵する。また、最近はツイッターで『私、そんなにブスですかね?普通よりちょっといいぐらいだと思うんですけど』『私のインスタ(グラム)を見て下さいよ。かわいいんですから』といった発言をしていますが、その性格ブスな発言も加藤のように見られる所以でしょうね」(エンタメ誌ライター)

 ネット上からも「炎上キャラなんて二人もいらないよ」「ドルトムント好きも加藤紗里のカープ好きと似たようなもんだろ」「頼むからマスコミはこれ以上、上西を調子に乗らせないでくれ」といういかにもウンザリとしているといった感じの声が多数聞かれている。

 加藤よりも多少知的な分、扱いが加藤以上に面倒くさそうなだけに、メディア側も一切関わらないのが一番なのかもしれない。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!