芸能

真木よう子「胸はFカップ」明言で“見ごたえ倍増”のドラマ「あのシーン」!

 もはや背に腹は代えられない状況!?

 主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)の視聴率が悪戦苦闘中の真木よう子が、ファンが今まで気になっていたあの疑問についての明確な答えを出し、話題を集めている。

 真木は7月27日に放送された同ドラマ第3話放送中にツイッターにて、撮影中の裏話を明かしたりしながら、視聴者のコメントに返信をするのに奮闘。

 その中で、あるユーザーからは真木の自慢のバストが「垂れているのでは?」という失礼なコメントが見受けられたのだが、それに対しても真木は「子供産んで授乳して、34歳の本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です。申し訳御座いませんです」と、ド真面目に返信。

 女性が成熟していく過程の中でどうしようもないことについてもしっかり対応したのはさすがだが、それ以上に真木のバストカップが「Fカップ」であることが発覚したことに世間は衝撃を受けている。

「今回のドラマで真木が走るシーンが割と頻繁にあり、そのたびに豊かなバストが激しく揺れていることもあって、真木のバストの大きさを視聴者は改めて感じていたが、実は真木、今まで胸のサイズを非公表としていました。そんな真木があっさりバストサイズを明かしているのにはビックリです」(エンタメ誌ライター)

 ファンからは「やっぱり、Fだったか!」「子ども出産する前は何カップだったの?」「やっと俺たちのモヤモヤが晴れたよ」といった反応が見られたが、いったい真木はどういう心境の変化で今回のカミングアウトに至ったのか。

「やはり主演ドラマの視聴率アップのための話題作りの線が濃厚でしょう。第3話の平均視聴率は前週よりわずかに上昇したものの、4.8%といまだ低空飛行中。初回放送前にドラマ視聴をお願いする主演女優としては前代未聞の土下座動画を公開したり、視聴率が苦戦する原因について『夏は皆様やはり外に出てしまいますから夏に高視聴率を取るのは難しいのです』と、苦し紛れの分析をしていたりと、本人も視聴率にかなりこだわっている様子。もはやヤケクソ気味の真木にとっては胸のサイズの公表ぐらいはしかたないというところでしょうか」(前出・エンタメ誌ライター)

 ここは、真木のバストサイズが「Fカップだ」と意識しながら次回以降の彼女が走るシーンに注目するのも一興かも。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?