芸能

真木よう子「胸はFカップ」明言で“見ごたえ倍増”のドラマ「あのシーン」!

 もはや背に腹は代えられない状況!?

 主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)の視聴率が悪戦苦闘中の真木よう子が、ファンが今まで気になっていたあの疑問についての明確な答えを出し、話題を集めている。

 真木は7月27日に放送された同ドラマ第3話放送中にツイッターにて、撮影中の裏話を明かしたりしながら、視聴者のコメントに返信をするのに奮闘。

 その中で、あるユーザーからは真木の自慢のバストが「垂れているのでは?」という失礼なコメントが見受けられたのだが、それに対しても真木は「子供産んで授乳して、34歳の本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です。申し訳御座いませんです」と、ド真面目に返信。

 女性が成熟していく過程の中でどうしようもないことについてもしっかり対応したのはさすがだが、それ以上に真木のバストカップが「Fカップ」であることが発覚したことに世間は衝撃を受けている。

「今回のドラマで真木が走るシーンが割と頻繁にあり、そのたびに豊かなバストが激しく揺れていることもあって、真木のバストの大きさを視聴者は改めて感じていたが、実は真木、今まで胸のサイズを非公表としていました。そんな真木があっさりバストサイズを明かしているのにはビックリです」(エンタメ誌ライター)

 ファンからは「やっぱり、Fだったか!」「子ども出産する前は何カップだったの?」「やっと俺たちのモヤモヤが晴れたよ」といった反応が見られたが、いったい真木はどういう心境の変化で今回のカミングアウトに至ったのか。

「やはり主演ドラマの視聴率アップのための話題作りの線が濃厚でしょう。第3話の平均視聴率は前週よりわずかに上昇したものの、4.8%といまだ低空飛行中。初回放送前にドラマ視聴をお願いする主演女優としては前代未聞の土下座動画を公開したり、視聴率が苦戦する原因について『夏は皆様やはり外に出てしまいますから夏に高視聴率を取るのは難しいのです』と、苦し紛れの分析をしていたりと、本人も視聴率にかなりこだわっている様子。もはやヤケクソ気味の真木にとっては胸のサイズの公表ぐらいはしかたないというところでしょうか」(前出・エンタメ誌ライター)

 ここは、真木のバストサイズが「Fカップだ」と意識しながら次回以降の彼女が走るシーンに注目するのも一興かも。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か