芸能

佐藤江梨子「セシルのもくろみ」で見せた大立ち回りが残念だった理由!

 8月3日の夜は「キャットファイトの日」と呼べそうなほど、各ドラマで女性同士のケンカが繰り広げられた。

 21時からは「黒革の手帖」(テレビ朝日系)で仲里依紗が武井咲に食ってかかり、22時からは「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)で佐藤江梨子が、真木よう子、伊藤歩、藤澤恵麻に次々と汚い言葉を吐きながら手を上げ、髪の毛をつかむなどの暴挙に出たのだ。

「実は女同士のバトルシーンは高視聴率が獲得できるおいしいシーンなんです。特に21時台は家族でテレビを見ている場合が多く、艶度の高いシーンを盛り込んでも気まずさから他の番組に替えられてしまいがち。今クールだと『僕たちがやりました』(フジ系)が典型的なそのパターンです。内容はおもしろく、川栄李奈の艶かわいさは話題になっていますが、視聴率は7.9%、6.5%、6.6%と苦戦を強いられているのがその証拠でしょう。その点、同じ21時台ドラマの『黒革の手帖』に艶度の高いシーンはほぼなく、メインは脅迫やけなし合いといった言葉のバトル。そこにエッセンスとして肉弾戦が少々入ってくるので、ドラマとしてのメリハリもつく。『セシルのもくろみ』の視聴率が伸び悩んでいるのは、見せ場が弱く飽きてしまうからでしょう。この日の第4話でも佐藤が大立ち回りで汚れ役を演じていたのに、下品なヤンキーの安いケンカのようにしか見えませんでした。あれでは佐藤がかわいそうです」(他局ドラマ制作スタッフ)

 佐藤の出演はこの回で終わり。真木と並んでバストを揺らしながらランウェイを歩く姿が見たかった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!