芸能

吉岡里帆、佐藤健とお泊りデートも男性ファンがさほどガッカリしないワケ!

 ブレイク中の女優・吉岡里帆にスキャンダルの洗礼だ。8月3日発売の「女性セブン」にて、俳優・佐藤健の自宅マンションを訪れていたと報じたもの。その吉岡は高い演技力でドラマへの起用も増えているが、人気に火が付いたのは水着グラビアからだったことは広く知られている。

「14年7月発売の週刊誌で初グラビアを公開。Eカップと噂される盛り上がったバストと和風なルックスのミスマッチが男性ファンの心をつかみました。女優業がメインになった最近は水着こそ控えているものの、テレビCMではピッチリした衣装で胸を強調するシーンも多く、あいかわらず男子人気は高値安定です」(グラビア誌編集者)

 その吉岡が人気俳優とお泊りとなれば男性ファンはガッカリするはずと思いきや、意外にも「残念」といった声はあまり聞こえてこないというのである。水着を封印しつつあることからファン離れも懸念されるが、問題はそこではないというのだ。

「あまりに生真面目すぎる性格ゆえ、彼女にしたいという欲望を刺激しないのです。京都の大学に通っていた当時はオーディションを受けるために深夜バスで東京に通い、マンガ喫茶でシャワーを浴びるという生活を5年間続けていたとか。新幹線に乗るお金がなかったわけではなく、ハングリーさを失わないために深夜バスにこだわっていたというのです。万事がこの調子なら、男女交際でも『大女優ではない私はこうあるべき』という謎のルールを押し付けられそうで、甘酸っぱい恋愛を楽しめないと思われても致し方ないでしょうね」(前出・グラビア誌編集者)

 もしや佐藤のほうも、今を時めく美人女優を部屋に招き入れたら一晩中、演技論をまくしたてられたのかもしれない。それはそれでうらやましいような、大変なような。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か