芸能

吉岡里帆、佐藤健とお泊りデートも男性ファンがさほどガッカリしないワケ!

 ブレイク中の女優・吉岡里帆にスキャンダルの洗礼だ。8月3日発売の「女性セブン」にて、俳優・佐藤健の自宅マンションを訪れていたと報じたもの。その吉岡は高い演技力でドラマへの起用も増えているが、人気に火が付いたのは水着グラビアからだったことは広く知られている。

「14年7月発売の週刊誌で初グラビアを公開。Eカップと噂される盛り上がったバストと和風なルックスのミスマッチが男性ファンの心をつかみました。女優業がメインになった最近は水着こそ控えているものの、テレビCMではピッチリした衣装で胸を強調するシーンも多く、あいかわらず男子人気は高値安定です」(グラビア誌編集者)

 その吉岡が人気俳優とお泊りとなれば男性ファンはガッカリするはずと思いきや、意外にも「残念」といった声はあまり聞こえてこないというのである。水着を封印しつつあることからファン離れも懸念されるが、問題はそこではないというのだ。

「あまりに生真面目すぎる性格ゆえ、彼女にしたいという欲望を刺激しないのです。京都の大学に通っていた当時はオーディションを受けるために深夜バスで東京に通い、マンガ喫茶でシャワーを浴びるという生活を5年間続けていたとか。新幹線に乗るお金がなかったわけではなく、ハングリーさを失わないために深夜バスにこだわっていたというのです。万事がこの調子なら、男女交際でも『大女優ではない私はこうあるべき』という謎のルールを押し付けられそうで、甘酸っぱい恋愛を楽しめないと思われても致し方ないでしょうね」(前出・グラビア誌編集者)

 もしや佐藤のほうも、今を時めく美人女優を部屋に招き入れたら一晩中、演技論をまくしたてられたのかもしれない。それはそれでうらやましいような、大変なような。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
2
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
3
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
4
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ