芸能

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<直撃5」十篇>江口ナオ・マークスの山

 四十路を過ぎてなお、B92・W58・H85のボディを誇る江口ナオ(42)。その迫力は、スクリーンの中でさらに発揮される。

──服を着ていても目のやり場に困る悩ましいばかりのGカップ! 女優デビューからどのくらい?

江口 20年ちょっとくらいですかね。イロっぽい映画も時代劇もVシネも、いろいろやりました。

──女優として注目を浴びたのが95年公開の「マークスの山」(松竹)。週刊アサヒ芸能でもおなじみの井筒和幸監督がヤクザを演じ、そのオンナという役どころ。

江口 当時は井筒監督がどういう人かも知らなくて、自分がお芝居をすることに必死でした。

──井筒監督扮するヤクザが殺され、警察に参考人として連行される場面が評判となった。

江口 私、シャブ中という設定で、刑事2人を相手に全裸で大暴れするんですよ。クスリでおかしくなっているからGカップを振り乱して、パンティを刑事にはかされるという(笑)。

──ここではっきりとヘアが映し出される。日本映画として初めて、鮮明なヘアヌードが公開された歴史的な瞬間です。

江口 ええっ、そうだったんですか? じゃあ、私が日本映画でのヘアヌード第1号なんですね。映画館へ観に行って「あっ、私、頑張ってる」と、自分でも思いましたが(笑)。

──同じく大作としては、史実に基づいた「スパイ・ゾルゲ」(03年、東宝)も印象深い。名匠・篠田正浩監督の引退作として公開されました。

江口 私は「外国人相手の日本人娼婦」という役でした。オーディションにはすごい数が集まったんですけど、私はほとんど質問もされず決まっていました。たぶん、顔が昭和っぽかったからだと思います(笑)。ここで私、珍しい経験をしたんです。裸になって仁王立ちのまま髪を結ってもらっている間に「前張り」を貼られて。自分でやったことはありますが、人に貼られるのは初めてでした。

──数々の出演作で思い入れが強いのは?

江口 私が主演した「ストリッパー」(12年、アルゴ・ピクチャーズ)ですね。女手一つで娘(周防ゆきこ)を育て、いつしか娘も自分と同じストリッパーになると言いだす話です。

──もちろん、脱ぎの場面も満載で?

江口 カラミこそないんですけど、ストリッパー役ですから舞台の上で脱いでいます。私も「脱いで、見せる」というのを仕事にしていて、共感する部分が多かった。体重も5キロくらい落として、いかにセクシーなラインを見せられるかを研究しました。

──具体的には?

江口 本物のショーも見学させていただいて、背中から腰にかけてのラインが大事であるとか、目線をどこに向ければイロっぽいか参考になりました。やっぱり、男の人が見て何とも感じてもらえなかったら寂しいですから。

──まだまだ「脱ぐ」ことも現役でいけそうですね。

江口 もちろんです。「アサ芸」さんのグラビアとか呼んでいただければ。

──さっそく準備に!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!