スポーツ

夏の甲子園で一度だけ「東京都勢同士」が「初戦」で対戦したことがある!

 現在、夏の甲子園大会での組み合わせ抽選はフリー抽選となっているが、かつては初戦で近県同士の対戦を避けるための東西対抗形式が取られていた。そしてこの東西対抗形式が導入されるきっかけとなったのではと思われる対戦カードがあった。それが77年第59回大会の第1回戦で激突することになった早稲田実(東東京=現在は西東京)と桜美林(西東京)の東京都対決である。

 ともに初戦となった2回戦から登場。互いに手の内を知り尽くしているだけに序盤は出方を探っている感じで試合の流れも淡々としたものだった。3回表に早実が1点を先制すると6回裏に桜美林が追いつき、1‐1で終盤戦に突入したが、結局は地力で勝る早実が8回表に3点を入れ、4‐1で快勝。桜美林は前年夏の優勝校だったが、同じ東京都勢の早実にV2を阻まれた形となった。

 そしてこの東京都勢同士の初戦対決が影響したのか、翌年以降は初戦の組み合わせ抽選をあらかじめ東西に分けてから行い、近県同士が初戦からぶつからないような配慮がなされたのである。この形式は78年の第60回の記念大会から06年の第88回大会まで29年間続けられることに。ちなみに東京勢同士の対戦はこの試合以前には春の選抜で1度、そしてこの試合以後にも夏の選手権で2度。計4回実現している。しかも春の選抜は72年第44回大会の決勝戦だった。日大桜丘と日大三という日大系列対決となり、5‐0で日大桜丘が快勝。日大三は前年の春の選抜覇者だったが、兄弟校に史上2度目となる春の連覇を阻まれる結果となった。

 夏は95年第77回大会の準々決勝で帝京(東東京)と創価(西東京)が激突。8‐3で勝利した帝京が、結果的にこの大会を制し、2度目の夏の優勝を飾っている。この15年後の10年第92回大会では関東一(東東京)と早実(西東京)が3回戦で対戦。10‐6で関東一が勝利している。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!
2
リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!
3
挨拶をガン無視!野性爆弾・くっきーが殺したいほど嫌う芸能人とは?
4
乃木坂46齋藤飛鳥、どしゃ降りライブで飛び出したドS発言にファン大興奮
5
YOSHIKIがToshIと絶縁!?X JAPANに急浮上した空中分解の危機