芸能

ビートたけしの金言集「映画祭も呼ばれるうちが花だからな」

「殿、ベネチア映画祭、おめでとうございます!」

 8月末、「第74回ベネチア映画祭」にて、映画祭の最後を飾る、クロージング作品に、日本では10月7日から公開される「アウトレイジ・最終章」が選ばれたニュースを聴いた翌日。先の言葉を殿にあてると、

「なんか、また選ばれたみてーだな‥‥」

 と、まずは軽く、“いつものことだから”といった反応を示すと、続けて、

「映画祭も呼ばれるうちが花だからな。まーありがたいこった」

 と、実に殿らしい感想を漏らしたのです。

 思えばわたくし、殿の弟子になってからこの20年あまりで、「殿、ベネチア映画祭、おめでとうございます!」といったセリフを、間違いなく3回は言っています。さらに、ベネチア映画祭と何かと比較される、「カンヌ映画祭、おめでとうございます」といったセリフも、2回は言っています。

 改めて、いかに北野映画が歴史あるヨーロッパ三大映画祭(もう一つは「ベルリン映画祭」)の常連であるかがよくわかります。

 ちなみに、映画祭ではありませんが、「殿、このたびの勲章、おめでとうございます!」そんなセリフも、3回は言っています。

 “殿のヨーロッパからの勲章もらいまくりっぷり”はさておき、映画祭と殿です。

 5年程前、「アウトレイジ・ビヨンド」が、ベネチア映画祭の正式コンペに出品された際も、やはり賛辞を述べたのですが、この時も殿は、

「なんか、また呼ばれたみてーだな。ただちょっと、スケジュールが詰まってるから、(現地へ)行けるかわかんねーんだよ」

 と、例によって冷静な感想を漏らすと、続けて、

「もし行くことになったら、お前も来るか?」

 と、さらりと夢のような提案をこちらに放り込んできたのです。もちろん、二つ返事で快諾したわたくしは、その年の夏、「アウトレイジ ビヨンド」に、何一つ関わっていないにもかかわらず、殿とベネチアに同行し、気がつけばドサクサに紛れ、レッドカーペットを歩いたのでした(その話はまた別の機会に)。

 で、今から遡ること9年前の08年。北野映画14作目にあたる、「アキレスと亀」がベネチアに選ばれた際も、いつもどおり殿に賛辞を述べると、殿は、

「お前、映画に出てるんだから、ベネチア来ちゃえよ」

 と。そんな言葉にやはり浮かれたわたくしは、殿とは別行動で、一観光客としてベネチアへ入り、殿がレッドカーペットを歩く日、各国から来ている映画ファンやパパラッチに混じって、柵の外側で殿を待っていると、現れた殿はこちらを認めるなり、

「なんだお前、そんなとこにいたのか? バカ野郎!そんなとこいねーで、こっち入ってこい!!」

 と、ハッパをかけられ、舞い上がったわたくしは柵を飛び越え、レッドカーペットを歩いたのでした。もちろん、後日、諸々と叱られましたが‥‥。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること