芸能

真木よう子、主演ドラマが絶不調でも自虐ツイッターがとても元気!

「女優・真木よう子のツイッターは今、業界の注目の的ですよ」と話すのは芸能ライター。というのも主演ドラマの“視聴率”について珍しく言及しているからだ。

 例えば、「2話の視聴率、4.5%だったよ!!!!関東圏のみ。地方では、8.9%出てるらしいですけどねぇ」であるとか、「夏は皆様やはり外に出てしまいますから夏に高視聴率を取るのは難しいのです」「大体、伝説のドラマとはこうして始まり右肩上がりで、最終話の予想だにしないラストを迎えるのです」といった具合である。しかし、なぜ「珍しい」と言えるのか。

「視聴率を巡っては、計測すること自体意味がないと言った異論もありますが、テレビやCM業界にとってタレントのパワーを考える目安は今も視聴率しかない。つまり自分自身の価値を反映してしまう視聴率を、タレントみずから話題にするというのはある意味“自死行為”なのです」(業界関係者)

 ちなみに彼女がツイッターで言及している主演ドラマは「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)。埼玉に住む普通の主婦がひょんなことから読者モデルとなり、夢をつかんでいくサクセスストーリーだ。しかし視聴率は初回5.1%を皮切りに、4.5%、4.8%、4.4%と爆死続き。7月スタートの全民放のゴールデン・プライム帯のドラマ中最低の記録なのである。

「当初はこのように散々視聴率について気にしていた真木も、最近はその呪縛から解き放たれたのか、それとも“あがく”ことをあきらめたのか、『今日も一日中撮影だぁ!嬉しいなぁ!楽しみだなぁ!』などと語っています」(前出・芸能ライター)

 今後、視聴率が異常にアップするか、逆に急降下すれば真木もまたツイートするはず。ある意味、ドラマより楽しみだ。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
2
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
3
夏目三久 激怒報道から5年「有吉弘行との結婚」仰天内幕(3)夏目のあの騒動を有吉が笑いにしたことで…
4
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
5
お嬢様アナ奔放下半身(1)TBS田村真子“パックリ大開脚”にパパも仰天?