スポーツ

明徳義塾が残した「7‐6の打撃戦で勝利した試合が“残塁ゼロ”」珍現象

 今大会8日目の第2試合で前橋育英(群馬)の前に1‐3で惜敗し、2回戦で甲子園を去った明徳義塾(高知)だが、かつてはこんな珍記録を作って負けたことがある。それは“毎回1安打ずつ計9安打を放ちながらの敗戦”というものだ。

 これは明徳義塾が夏の甲子園に初出場を果たした84年第66回大会でのことだった。3回戦で新潟南と対戦したのだが、ランナーを出しながらも決定打が出ず2‐4で敗戦。雪国のチームが野球強豪県の代表校に勝った試合として、当時は大金星扱いされた。

 その明徳義塾は勝った試合でもこんな珍記録を作っている。“7‐6という打撃戦で残塁ゼロ”。残塁ゼロの例は完全試合がいちばんわかりやすいが、多くの場合、打線が相手投手に押さえ込まれて負けたケースだろう。だが、明徳義塾の場合は9安打7得点。打ち勝った試合での残塁ゼロという極めて珍しいケースだった。

 その試合は02年第84回大会の3回戦、常総学院(茨城)との一戦だ。試合は4‐4で迎えた8回表に2点を勝ち越され、4‐6と明徳義塾が追う展開となっていた。その裏の攻撃で下位打線が凡退して簡単に2アウトとなったものの、一番打者が相手のエラーで一塁に生き、続く二番打者がライトポール際へ同点ホームラン。さらに三番の森岡良介(元・中日など)が右翼席中段へ勝ち越しのソロを放って7‐6で勝利した。この回の攻撃はまさに残塁ゼロの鮮やかな逆転劇だった。

 この試合、1点を追う2回裏に3点を取って1度は逆転したのだが、その際に2点タイムリーツーベースを放った打者走者が三塁を狙って走塁死。同じ回に2死からヒットで出た走者も盗塁死してしまった。3回裏には1本のヒットに足を絡ませて内野ゴロ2本でランナーが生還して残塁ゼロで1点を追加している。さらに無得点には終わったが、6回にも2アウトからヒットで出た走者が盗塁死してしまった。これらが残塁ゼロを生んだ一つの要因だったと言えよう。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!