スポーツ

明徳義塾が残した「7‐6の打撃戦で勝利した試合が“残塁ゼロ”」珍現象

 今大会8日目の第2試合で前橋育英(群馬)の前に1‐3で惜敗し、2回戦で甲子園を去った明徳義塾(高知)だが、かつてはこんな珍記録を作って負けたことがある。それは“毎回1安打ずつ計9安打を放ちながらの敗戦”というものだ。

 これは明徳義塾が夏の甲子園に初出場を果たした84年第66回大会でのことだった。3回戦で新潟南と対戦したのだが、ランナーを出しながらも決定打が出ず2‐4で敗戦。雪国のチームが野球強豪県の代表校に勝った試合として、当時は大金星扱いされた。

 その明徳義塾は勝った試合でもこんな珍記録を作っている。“7‐6という打撃戦で残塁ゼロ”。残塁ゼロの例は完全試合がいちばんわかりやすいが、多くの場合、打線が相手投手に押さえ込まれて負けたケースだろう。だが、明徳義塾の場合は9安打7得点。打ち勝った試合での残塁ゼロという極めて珍しいケースだった。

 その試合は02年第84回大会の3回戦、常総学院(茨城)との一戦だ。試合は4‐4で迎えた8回表に2点を勝ち越され、4‐6と明徳義塾が追う展開となっていた。その裏の攻撃で下位打線が凡退して簡単に2アウトとなったものの、一番打者が相手のエラーで一塁に生き、続く二番打者がライトポール際へ同点ホームラン。さらに三番の森岡良介(元・中日など)が右翼席中段へ勝ち越しのソロを放って7‐6で勝利した。この回の攻撃はまさに残塁ゼロの鮮やかな逆転劇だった。

 この試合、1点を追う2回裏に3点を取って1度は逆転したのだが、その際に2点タイムリーツーベースを放った打者走者が三塁を狙って走塁死。同じ回に2死からヒットで出た走者も盗塁死してしまった。3回裏には1本のヒットに足を絡ませて内野ゴロ2本でランナーが生還して残塁ゼロで1点を追加している。さらに無得点には終わったが、6回にも2アウトからヒットで出た走者が盗塁死してしまった。これらが残塁ゼロを生んだ一つの要因だったと言えよう。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線