スポーツ

甲子園で東京都のチームが埼玉県勢より優位に立っている圧倒的「全記録」

 今年の夏の甲子園、準決勝の第2試合は花咲徳栄(埼玉)対東海大菅生(西東京)という首都圏決戦となった。 

 埼玉県勢として初の夏の甲子園優勝を目指す花咲徳栄と東海大学の系列高校としては東海大相模に次ぐ2校目の甲子園優勝を狙う東海大菅生。どちらのチーム大会前から優勝を狙える有力校として名が挙っていたことに加えて好調をキープしているだけに激戦必至の大一番となるのではないだろうか。実力が拮抗しているだけに、どちらが勝ってもおかしくない。

 そこでどちらが有利なのか、ここで過去の春夏の甲子園での埼玉VS東京の戦いを振り返ってみると、何と東京が5勝1敗。圧倒している結果となった。

 春は、71年第43回大会準々決勝で日大三が深谷商を3‐0で降したのに始まって、80年第52回大会2回戦では帝京が上尾を延長12回の末3‐2と接戦を制し、92年第64回大会準決勝ではまたも帝京が浦和学院相手に3‐1で勝利し、決勝戦進出を決めている。その翌年の93年第65回大会準決勝で国士舘が大宮東の前に3‐4で惜敗し、前年のリベンジをされると同時に対埼玉県勢の春の選抜連勝記録も3連勝でストップしてしまったが、夏の選手権では、84年第66回大会2回戦で法政一が上尾相手に5‐3、01年第83回大会でも2回戦で日大三が花咲徳栄を11‐4で一蹴しており、春夏トータルで5勝1敗と抜群の相性の良さを見せているのである。

 さらにつけ加えるとこの過去6回の対戦で勝った東京のチームは3回の優勝(71年第43回春の選抜と01年第83回夏の選手権の日大三、92年第64回春の選抜の帝京が優勝)と1回の準優勝(80年第52回春の選抜の帝京)があり、非常に縁起がいいのである。

 さらにさらに付け加えると夏の選手権で東京都の代表が東と西の2代表制になった74年第56回大会以降、西東京の代表の夏の甲子園決勝戦での勝敗は4戦4勝(76年第58回大会の桜美林、01年第83回大会の日大三、06年第88回大会の早稲田実、11年第93回大会の日大三)。

 過去の数字上でのデータでは準決勝を制す確率も決勝戦での勝つ確率も東海大菅生に有利なデータが出たが、さてどうなる?

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃