芸能

有名夫を追い詰める「激ヤバ妻」列伝<ノッチが明かす“デンジャラス鬼嫁”操縦法>(1)決して応戦しない

 8年前には人気番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)の「気の毒な夫No.1決定戦」でチャンピオンに輝いたデンジャラスのノッチ(52)。奥サマからの平手打ちは日常茶飯事で、時には格闘技の大技も飛び出すという。“デンジャラス”な夫婦生活で身につけた「鬼嫁操縦法」とは──。

──最近、キレる芸能人妻が何かと話題ですが‥‥。

ノッチ まず、相手が理不尽に思えても、こちらは感情を入れない。“ストッパー”が大切です。

──聞き流すということ?

ノッチ 心の中では「何で怒ってるの?」とか、「また怒ってるよ」と思いつつも、会話をしながら早いとこ終わらせることを心がけています。

──例えば?

ノッチ 先日、トライアスロンのレースがあって、嫁さんもサポートに来てくれたんです。750メートルを泳いで、自転車で20キロ走り、5キロのランの中間地点でラストの補給食を手渡してもらう予定だったんですが、用意していたバナナやゼリーなどを全部、「暑かったから」と、食べちゃったんです。こっちが「何で?」って聞くと、「聞き方がおかしい!」って急にキレ始めて‥‥。決して応戦せず、「何か残ってる?」と下手に出ることで回避しました。そこでタブレット菓子を差し出してきた時も、「走ってる時に舐められるか」という本音は隠し、「大丈夫。舐めてて」と受け取らずに走り続けました(苦笑)。

──ノッチさんの言う「ストッパー」とは、口論の収め方ですか?

ノッチ そうですね。上手に叱られていれば、頭から出た角が収まっていきますよ(笑)。

──具体的には?

ノッチ ふだんの会話から「です、ます、ハイ」を基調にしていて、怒られれば、「ごめんね」「そうだね」「ありがとう」の3つを挟み込んでいます。でも連発はダメ。「ちゃんと聞いてるのか?」って火に油を注ぐので、「そのとおりだ!」とか、「あ~、ありがとう!」と、気持ちを込めたバリエーションも大切です。

──会話以外で、効果的な手段は?

ノッチ 嫁さんが一人になれる時間を作ってあげるようにしています。「食事会に行っていいよ」とか。「えっ、ホント?」みたいな感じで効果抜群ですね。少なくとも2カ月に一度、3時間ぐらいでもいいから自由な時間を過ごしてもらっています。怒りの矛先が僕に向かわなくなるので(笑)。

──怒ると本当に格闘技の技が飛び出すんですか?

ノッチ マジです。ソファからのドロップキックなんて普通で、アキレス腱固めや三角絞めとか。

──娘さんたちの反応は?

ノッチ それが、嫁さんがキレるのは、子供が寝てからなんです。ある大先輩が嫁さんに「教育上、子供の前ではやめなさい」と忠告してくれて。そのおかげで、家では「パパはヒーロー」でして(苦笑)。

──過去に病院直行なんてことは?

ノッチ それもないですね。アザぐらいです。痛がっていると、「シンを抜いておいたから大丈夫だよ」なんて言っています(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
欅坂46、日本武道館公演に一部ファンが「こんな“最後”は…」当惑声のワケ
2
視聴率撃沈の大河「いだてん」に大幅なテコ入れができない理由があった!?
3
すずを追い越すか?業界評が急上昇の広瀬アリスに「周囲がピリピリ」の理由!
4
乃木坂46秋元真夏、「芸能界引退後の夢」告白にファンも全力応援モード!
5
TBS山本里菜、デートでの“ドヤ顔”ショットに「わざと撮らせてた」の声まで!