芸能

ビートたけしの金言集「何でもいきなりやるのが絶対に面白い!」

「100回の練習より1回の舞台」

 これ、殿の漫才における持論です。殿が言うには、どこまで行っても練習は練習でしかなく、練習不足だろうが、いきなり客前でやってみることが何よりであり、やってみて初めて気づくことが山ほどある、と。

 で、“ウダウダ考えていないでいきなりやってみる!”といった考え方は、こと漫才以外でも同じであると殿は言います。

 以前、酒席で殿は、“あらゆる雑用をこなす助監督ほど大変なものはない”と、助監督をしっかりとリスペクトしたうえで、

「本当は助監督なんて経験しないでよ、いきなり映画を撮らせたほうがいいんだけどな。映画の常識とか、つまらないしきたりなんか覚えないでよ、原石のままいきなりやらせちゃったほうがいいんだけどな」

 と、“いきなりが絶対に面白い”と公言し、さらに、

「ほら、やっと歩けるようになった子供なんかによ、絵描かせたら面白い絵描くだろ? あれと同じでよ、映画もいきなり撮らせちゃったほうがよっぽど面白いもん出来ると思うけどな」

 と続けたのです。

 さすが、かつて「その男、凶暴につき」で、諸事情により急きょ、監督をやることになってしまった経験を持つ、殿らしい実に説得力のある意見です。ただし、

「だけど俺の映画もそんな助監督がいるから撮れてるわけであって、あんまり大きい声じゃ言えないけどな」

 とも。とにかく、“何であろうといきなりやってみる。話はそれから”といった殿の持論は、時におかしな方向へも飛躍します。

「誰がどう考えたってよ、会っていきなりセックスしたほうが気持ちいいに決まってるんだから。お互いの名前も何にも知らないでヤッたほうが気持ちいいに決まってるんだから」

 と、“急にどうした?”とツッコみたくなる、“オイラが思う興奮するSEX”といった話を持ち出し、その日の“たけしのいきなり論”を締めたのでした。確かに興奮はしそうですが‥‥。それはさておき、“いきなり”で思い出すのは、かつて殿から聞いたこんなエピソードです。北野映画でベッドシーンを演じることになったダンカンさんに、監督として殿が、

「緊張しないで、いつもやってるようにやればいいから」

 と、アドバイスすると、本番でダンカンさんはいきなり相手役の女優の頭をムグッとつかみ、その頭を強引に股間へ持って行くと、グイグイと己の股間に女優のお顔を押しつけたそうです。それを見た殿がすぐさま「カット!」と怒鳴り、

「お前はいきなり何やってんだ!」

 と、いたって常識的な理由で叱りつけると、「だって、殿がいつもどおりやれって言ったじゃないですか‥‥」と、まったく悪びれた様子もなく答えたそうです。

「バカ野郎! お前はいったい普段どんなセックスしてんだ!」

 そんな監督の怒号が現場にとどろいたそうな。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」