芸能

“20年契約”のローラが「それでも事務所を訴えられない」ワケとは?

 タレントのローラが芸能界休業もありうる窮地に立たされているようだ。実質的に20年間にもわたる長期の専属契約で不当に拘束されていると報じられているのだが、この契約は民法で禁じられている公序良俗違反に該当する可能性が高く、裁判に打って出ればローラ側が勝訴するのは濃厚と見られている。

 だが、コトはそう簡単にはいかないというのだ。芸能ライターが耳打ちする。

「芸能界でタレント側が事務所を訴える場合、相当な覚悟が必要。周りから見れば『話し合いで解決できなかった』とか『仲裁してくれる有力者がいなかった』と見られてしまうからです。それこそ、のん(能年玲奈)や清水富美加でさえ、前事務所を訴えるまでには至っておらず、間に弁護士を挟んでの申し入れに留めているのが実情。しかも彼女たちには今後の活動を支えてくれる後援者的な存在がいるのに対し、ローラには誰もついていないと言われています」

 それではローラはこのまま、不当な契約に縛られ続けられることになるのか。彼女の今後を前出の芸能ライターが占う。

「日本の芸能界に見切りをつけ、海外に活動拠点を移すという選択肢は非現実的。とはいえ、現在の所属事務所も不当契約が知れ渡ったことから、順調に仕事を取ってくることは難しいでしょう。そうなると現実的なのは事務所移籍ですね。移籍金を払っての完全移籍になるのか、それとも“業務提携”という名のレンタル移籍になるのかは状況次第ですが、遠くないうちにローラの所属先が変わる可能性は高いはずです」

 芸能界的には、ローラの知名度と美貌は「金の成る木」ということか。ともあれ今回の騒動も意外にあっさりカタが付くのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道