政治

「上西小百合と決別」した“お騒がせ秘書”に早くも囁かれる「次のタッグ相手」

 上西小百合衆院議員の公設秘書として、注目を集めている笹原雄一氏。

 7月に行われた「レッズ騒動」の謝罪会見ではコメント内容を彼女に助言する姿が話題になった。

 元芸能プロモーターの経歴を活かし、上西氏に関する様々な騒動を“演出”しているとも囁かれていた笹原氏だが、8月23日、ツイッターで上西議員から「正式に解雇されました」と報告。25日には生出演したTBS系「ビビット」で、上西氏との決別を断言した。さらには「豊田議員の秘書になりたい」と、暴言問題で自民党を離党した豊田真由子衆院議員の秘書就任への願望を明かしたのだ。

 これまでも、ゴーストライター騒動の佐村河内守氏や偽IPS細胞騒動の森口尚史氏に接近するなど、常に「騒動」の近くにいた笹原氏だが、早くも「次のタッグ相手」が囁かれている。

「笹原氏は少し落ち目の有名人に取り入るのが非常にうまい人ですよ」と語るのは芸能関係者。

「さすがに豊田氏の秘書になるのは無理だとしても、“炎上”で一発逆転を狙う有名人のブレーンになる可能性は非常に高い。噂段階ですが、業界内で何人か名前が挙がっていますね」

 果たしてどのような人物が──。

「有力候補と言われるのが『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音と別れたばかりのほのかりん。彼女も上西氏に負けず劣らずの野心家ですから、笹原氏と相性はいいでしょう。ほかには、大穴ですがブログで『2年後の引退』を宣言した泰葉の名前も上がっています。いずれにしても笹原氏の炎上テクニックはニーズがあると思いますよ」(前出・芸能関係者)

 日々“炎上”が報じられるネット時代。笹原氏の仕事は途絶えることはなさそうだ。

(白川健一)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!