事件

紳助VSたけし遺恨30年抗争!(3)弟子のためには頭も下げた

 話は変わるが06年、たけし軍団のメンバーに不幸があった。その葬儀の席上での出来事について、軍団と親しいテレビ関係者が語る。
「地方で行われた葬儀には、亡くなったメンバーと親しかった、軍団ではない芸人も駆けつけていた。大広間でその姿を見つけるや、たけしさんが声をかけてきたといいます。なんと座っていた座布団を外すや、『弟子のためにありがとうございます』と畳におでこをつけて頭を下げたそうです。たけしさんにそこまでされたその芸人は、『感動した。軍団のみんながこの人に付いていくのは当然だ』としみじみ語っていました」
 86年には、たけしが写真週刊誌「フライデー」の編集部に軍団を連れて殴り込む事件があった。事件後、たけしは半年間の謹慎生活に入る。この時、メンバーたちに、「俺は土方をしてでもお前らを一生食わせないとな」と話したというエピソードはあまりにも有名だ。
 侠客とも言える親分が慕われるのは当然だろう。
 そんな忠誠心が高じたわけではないだろうが、反侠客とも言える紳助との間で抗争に発展してもおかしくない、こんな遺恨も生まれていたのである。
「08年に放送された『27時間テレビ』(フジ系)はさながら『ひょうきん族』の同窓会で、かつてのメンバーが集まった。たけしさんも付き人が運転する車でフジの駐車場に入ってきたといいます。車を止めると、たけしさんに気づいた紳助さんが挨拶をしようと近づいてきたそうです」(フジテレビ関係者)
 ところが、帽子をかぶっていた紳助の様子が、付き人の目には〝不審者〟と映ってしまったというのだ。師匠と不審者を接触させるわけにはいかないと思ったのだろう。
「とっさに付き人は紳助さんをドンと強く突き飛ばした。いきなり地面に叩きつけられた紳助さんは、ワナワナと震え、しばらく立ち上がることができなかったそうです。不審者と間違われてショックを受けている紳助さんの姿を見て、たけしさんもすぐには声をかけられなかったと聞きました」(前出・フジテレビ関係者)
 紳助には屈辱だったであろうこのエピソードは複数の関係者が認識していた。
 とはいえ、当事者である付き人は所属事務所を通じ、
「身に覚えがない」
 と答えるのみだった。
 さて、たけしの後塵を拝してきた印象の紳助だが、商才だけは勝っていたようだ。「しゃべる不動産屋」とまで言われ、一説には不動産だけで資産は40億円を超えると言われている。
 しかし、そうした一面についても、たけしは冷笑していたようだ。
「紳助さんの番組では、弱者が奮闘してお涙頂戴というパターンがある。たけしさんは、『貧乏人の努力に感動するやつらが、何億ものマンションを動かすかよ』と揶揄していましたね」(前出・知人) 商才ある紳助にはもはや、たけしと同じ土俵に上がる気などさらさらないのだろうか。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ