社会

「理想の男は松重豊」の“枯れ専女子”をも幻滅させるオヤジ的行動とは

 世は「枯れ専」ブーム。同世代の草食男に物足りなさを感じて、20歳以上も上のおじさんに惹かれる若い女性が増えているらしい。芸能界でも松重豊、吉田鋼太郎らオジサマ俳優が大人気だ。といっても、大人の男の色っぽさとオヤジっぽさはまったくの別物。では、オヤジとオジサマの違いはどこにあるのか? というわけで「身近な男にオヤジを感じた瞬間」について20代~30代未婚女性を対象にアンケート調査したところ、待ってましたとばかりに返ってきたオヤジバッシングの雨あられ。

 最も多かったのが飲食店で出てくるおしぼりにまつわる話。「おしぼりが出てくると、わざわざメガネを外してまで顔を拭くのがイヤ」(オペレーター・26歳)、「タイプの上司だったのに、首を拭く姿を見て幻滅した」(事務・23歳)などなど、おしぼり扱いは大変リスキーな“物件”であることがわかった。

 居酒屋での行為にも厳しいツッコミが。「店員を必ず 『おにいちゃん』『おねえちゃん』って呼ぶ」(事務・27歳)、「飲み会でバイト店員をイジる」(会社員・28歳)、「ダジャレを連発し、隣の席の知らない人と仲良くなっちゃう」(公務員・30歳)。フレンドリーなつもりかも知れないけど、一緒にいる人は恥ずかしがっているようだ。

 ほかにもオヤジっぽい習性や仕草に以下のような多数のチェックが入った。

・小指の爪だけ伸ばしている

・コーヒーを飲む時にズズーッと鳴らす

・自在にツバを吐く。所構わずカーッってする

・やたら声がデカい

・ご飯を食べた後の楊枝を店に置いていかず、路上でも使用

・ディ、ティを発音できない。「デズニーランド」

・タバコを吸った後にむせる。なのに吸い続ける

・話の8割が自慢。誰かの話を横取りしてでも自慢

・応援している野球チームの勝敗で気分が変わる。勝ってゴキゲンなのも鬱陶しい

 余計なお世話!とも言いたくなるが、指摘にあったことをちょっと気にすれば、女性社員のあなたを見る目も変わる…かも?

(西郡真美子)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫