芸能

「ドM」?「甲冑フェチ」?謎が謎を呼ぶ岡田准一のこだわり衣装合わせ美学!

 V6・岡田准一が8月24日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)にゲスト出演。見かけによらぬ「ドM体質」を披露し、共演者をドン引きさせた。

 主演映画「関ヶ原」の宣伝のため、最近テレビ番組に出まくってきた岡田。そこで明かされた秘密の数々は、後輩で同番組のMCを務める嵐・櫻井翔が目が点になってしまう壮絶さだった。

 まず、岡田は格闘技オタクが高じて、自分で教えられる「師範」の資格を持つ。撮影が終了した後でもジムに通うほど熱心で、あるイベントでパンチ力を測定器で量ると、成人男性(80~100キロ)の2倍以上の221キロで櫻井も「クマ2匹殺せそう」と感嘆した。鍛えすぎて、衣装合わせのたびに胸板が厚くなり、今や胸囲100センチ超えした岡田にスタイリストが泣かされていることまで明かされた。

 また、アクションシーンはどんなに危険でも、「スタントマンにやらせたくない」と、すべて自分で演じる。「関ヶ原」では、時速40キロで馬を走らせながら馬上からヤリやオノを投げた。映画「SP」では、国会の40センチ幅のテーブルの上を走り、車の屋根に次々飛び移って全力疾走。

「ここまでは、さすがの役者根性と言えます。ハリウッドスターがノースタントでアクションに挑戦するのと同様、役への熱意からと解釈できますからね。でもその後、共演者の平岳大が指摘した疑問には、番組出演者全員が首を傾げてしまったんです」(芸能ライター)

 その質問は、「毎朝、甲冑を美術担当者に着せてもらう際、悲鳴をあげながらもなおきつく締めることを要求していたのはなぜか?」というもの。VTRでは、確かに岡田が美術担当者に「来い、来い」と掛け声をかけ、「そんなもんですか」と煽り、よりきつく締めさせている姿が映し出された。つらそうな気配は微塵もみせず、終始笑顔。岡田は「衣装はちゃんと着たい派」と説明、「昔の人がつけていたのと同じ状態で着たい」とこだわりを明かしたのだ。さらに甲冑の締め方には“鬼締め”と“修羅締め”の2段階あり、修羅締めは、美術担当者が手を捻挫する荒技であることをぶっちゃけ、そこに映画の共演者・東出昌大が「実は、岡田は一人で甲冑を着られる」という美術担当者の証言をぶっこんだから、たまらない。岡田の「ドM疑惑」は濃厚になった。

 筆者としては、自宅でマイ甲冑をつけては雄たけびをあげている岡田の姿、見てみたい気もするが…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声