芸能

明石家さんまがギャグをパクった!?「パーデンネン」を生み出した芸人は?

 還暦を過ぎてもなお、好感度アンケートで常に上位をキープしている明石家さんま。芸人としても男としても、現役感を失わないのが、魅力の一つだろう。しかし、笑いに厳しいはずのさんまにパクリ疑惑があるのをご存知か。エンタメ系雑誌の記者に話を聞いた。

「ホントですよ。厳密に言うと、ギャグを買った、が正しいんですが‥‥。その相手というのは、月亭八光(はちみつ)。上方落語界の重鎮・月亭八方の愛息子で、地元・関西では知らぬ者がいない関西のカリスマです。さんまさんは、八光が産まれた時から面倒を見ていました。彼が小学2年生になった時、いつもどおり劇場の楽屋で遊んでいて、『お前はアホか!』とさんまさんが言うと、『アホちゃいまんねん、パーでんねん』と切り返された。このフレーズを気に入って、5000円で購入(笑)。『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)のコント・タケちゃんマンで、ビートたけし演じるタケちゃんマンのライバルキャラ・パーデンネンの名台詞として、定着させたのです」

 八光にとって、手の届かない存在になったさんまにギャグを売ったのは大きな誇り。本人は5000円を受け取っていないと言い、さんまは「お父さんに渡してるで」と言う。意見は平行線だが、どうやら八方がくすねたようだ。

「八方はこの道およそ50年の大ベテラン。そんな“親の七光を越えてほしい”という願いを込めて、八光の高座名が与えられました。幼少期から、“八方の息子”としてテレビに出演しまくり、関西ではナニワの接待王、太鼓持ち芸人、ロケの達人というイメージが強いです。妻は元モデル。2人の子どもに恵まれ、一軒家を購入済み。成功者ですよ」(前出・エンタメ系雑誌記者)

 5000円を手に入れられなくても痛くも痒くもないのだろう。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
2
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
3
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
4
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”