社会

“急性”なら発症者の2割が病院搬送前に死亡!「大動脈解離」の恐ろしさ

 熊本県民なら誰でも知っている荒木アナが亡くなったのは、8月26日。

 お昼のニュースを担当した後に体調を崩して救急車で搬送されたが、そのまま帰らぬ人になったのだ。

死因は大動脈解離。大動脈解離では7月6日に俳優の中嶋しゅうさんが、一昨年にはバンド「C-C-B」の渡辺英樹さんが亡くなっている。俳優の石原裕次郎、ミュージシャンの大瀧詠一も死因は大動脈解離だ。また、発症したことがあるのは、バンド「ムーンライダーズ」メンバーの武川雅寛や笑福亭笑瓶、そしてタレントの加藤茶、大木凡人など少なくない。

 では、この大動脈解離とはどんな病なのか。江田クリニックの江田正院長が言う。

「心臓から全身に血液を運ぶ大動脈は外膜・中膜・内膜の3層構造になっている。

この中膜に傷がつき、その隙間に血液が流れ込むことで起こる病気です」

 症状が起こると亀裂の裂け目から血液が大動脈の壁を裂いて壁内に流れ込む。

そして高い血圧に耐え切れずに破裂し、血液が流れ出す。解離が進むと亀裂が血管の外まで至り、大出血を起こす。

 そのため、心臓からの全身への血流が悪くなり、脳や心臓、腎臓などの臓器が悪化していく。結果、急性大動脈解離を発症した人の約20%は、病院に到着する前に亡くなってしまうというのだ。もし治療が行われない場合には、発症48時間以内に50%が死亡する。

 また、80%以上が発症から2週間以内に90%が1年以内に死亡しているというから怖い。この病に予防法はあるのだろうか。江田院長が言う。

「主な原因である動脈硬化そのものを防ぐことです。発症するのは中年以降に多いけど、動脈硬化は時間をかけて進行する。若いころからの適度な運動や食事などの生活習慣に注意することです」

 それがいちばん難しい!?

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
5
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”