エンタメ

「いつの間にか女性に嫌われる!?」トーク中に見極められる「OK、NG」の境界線

「モテない」と嘆いているそこのアナタ。そもそも、女性に話を合わせるつもりがありますか? 普段の言葉の節々に表れる「センス」がにじみ出ていて、敬遠されているのかも知れません。女性200人の声を集約した「OK/ビミョー/ダメ、ゼッタイ!!」の境界線がコチラ!

(OK=◯/ビミョー=△/ダメ、ゼッタイ!!=?)

■好きな深夜番組(◯=月曜から夜ふかし/△=ノイタミナ/?=ゴッドタン)

「月曜から夜ふかし」なら女性も見ている可能性が高いので、話題としては適切。深夜アニメ枠「ノイタミナ」は、相手がアニメに興味があることを確認してから持ち出したい。「ゴッドタン」は男性人気は絶大だが、時にドギツイ艶ネタがあるので、その話で盛り上がるのは無粋。

■面白かった映画(◯=ラ・ラ・ランド/△=ローグ・ワン/?=マッドマックス・怒りのデスロード)

 もし、相手がまだ観てないという場合にも、どうせ勧めるなら「ラ・ラ・ランド」を。「ローグ・ワン」は、相手がスター・ウォーズファンならセーフかも知れないが、そこから「最近のSWは何か違う」「旧三部作以外は認めない」的な映画論を展開させると面倒がられるだろう。「マッドマックス」は、これがつまらないなら男じゃないというくらいの傑作だが、そういうことを女性に力説しても意味がないので止めよう。

■ベストセラー(◯=君の膵臓を食べたい/△=騎士団長殺し/?=えんとつ町のプペル)

 映画化もしているので話が弾みそうな「キミスイ」ならセーフ。「騎士団長殺し」は相手がハルキストでないと通じない? 西野亮廣の絵本「えんとつ町のプペル」は、「無料公開だから見た感」も含めNG判定。

■自慢話(◯=同級生、同郷に有名人がいる/△=病気/?=宝くじが大当たりの組違いだった)

 クラスメイトに有名人がいれば、学生時代はどうだったかなど、聞きたい話がいっぱい。「同郷の有名人を出し合う」のも盛り上がる話材。病気自慢は内容にもよるが、大病自慢大会になると、完全にオジサンの集まり。宝くじの組違いの興奮は、本人以外には「本当に何もすごくない」話!

■よく服を買う店(◯=BEAMS/△=ドン・キホーテ/?=上州屋)

 BEAMS以外でも、おしゃれなセレクトショップなら無難。ドンキで安いノーブランド固めは、よほどセンスがない限り厳しい。「まさか、ポケットがたくさんついたそのベスト、釣具の上州屋で!?」とならないように。

■行列するなら(◯=ラーメン/△=Apple/?=パチンコ)

「あそこホントにうまいから、今度行こうよ」と展開しそうなラーメンならOK。新しいiPhoneのために並ぶのは、尊敬されるか引かれるか微妙なところ。パチンコに朝から並んでるのは、概ね女性ウケしません。

■LINEでの笑い方(◯=(笑)/△=w/?=(藁))

 気の利いたスタンプや絵文字もいいが、使うほどの関係でなければ(笑)がベター。ネット依存が高めの相手ならwもいいかも知れない。(藁)だと「よく書き込んだりしてるのかな」と見抜かれますよ!

 無理やり女性に迎合する必要はないが、最低限の「共感できる感性」は持っていたほうが、女性とのコミュニケーション不足にならないかも、と老婆心ながら…。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声