エンタメ

エッ、女性だったの?「鋼の錬金術師」作者がテレビ初登場でファン仰天!

 12月に実写映画化される人気マンガ「鋼の錬金術師」の作者が女性であることが広まり、話題となっている。9月27日放送の「鋼の錬金術師展を100倍楽しむ方法!」(TOKYO MX)にてテレビ初登場を果たした荒川弘氏は、顔こそイラストで隠していたものの、服装や声から女性であることは一目瞭然。多くのファンから驚きの声があがっていた。もっとも荒川氏の性別は秘密にされていたわけではなく、その「弘」(ひろむ)という名前で勘違いされていたようだ。

 その荒川氏に限らず、名前から当然男性だと思われていたが、実は女性であることが判明したことで、ファンを驚かせたマンガ家は少なくないという。マンガ系のライターが語る。

「有名なところでは『金田一少年の事件簿』の作画担当・さとうふみや氏ですね。本名は文子さんですが、少年マンガ誌での連載を考慮して、編集部が改名させたと言われています。他にはサッカーマンガの『オフサイド』を連載していた塀内夏子氏は、連載中にペンネームの塀内真人から本名に戻し、誌面で発表したことも。ドラマ化された医療マンガ『ゴッドハンド輝』の山本航暉氏は公式サイトでも女性であると明かしており、この3人がいずれも週刊少年マガジンで活躍しているのは面白いですね」

 男性っぽいペンネームを持つ女性マンガ家の多くが素顔を伏せている中、堂々と自分の顔を明かしている作家もいるようだ。

「『聖☆おにいさん』の中村光氏は単行本が出るとサイン会も行なっており、そこで初めて女性だと知って驚いたファンもいるとか。映画化もされた『モテキ』の久保ミツロウ氏は、この9月に4年間の歴史に幕を閉じたトークバラエティ番組『久保みねヒャダこじらせナイト』(フジテレビ系)にレギュラー出演。彼女はデビュー直後の短期間は本名の久保美津子名義で活動していました」(前出・マンガ系ライター)

 最近は絵柄の面で少年マンガと少女マンガの垣根が低くなっており、少年マンガ誌に連載している作者が女性であることに違和感を覚える読者も少なくなったようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
2
「サンジャポ」卒業、西川史子“激痩せ”も指摘されたキャラ作りの苦悩
3
落胆したの!?桜井日奈子の“橋本環奈絡み”告白に世間から「失礼!」の洗礼
4
安倍昭恵夫人、「私的な“桜を見る会”を楽しんだ」写真報道で批判殺到!
5
水着の奥が見えそう!菜々緒の肌見せ動画に「チラっと見え」疑惑が浮上