社会

エイズ感染「九州激増」大パニック!(2)激増にいたった理由とは?

 今年8月30日、厚生労働省は、「全国的に新規HIV感染・エイズ患者数は横ばいの傾向にある」と報告している。しかし、同じく厚労省の「エイズ発生動向」の分析データに、01年から15年までの感染および患者の数を5年ごとに都道府県別に集計したデータがある。

 このデータによれば、大都市を抱える東京、愛知、大阪などが近年は減少傾向にあることがわかる。その一方で、福岡は01~05年こそ計87人だったが、その後、230人、308人と急増しているのだ。また、その他の九州エリアでもほぼ増加の一途をたどっていることもわかる。

 なぜ九州ブロックばかりが急増しているのか?

「西の玄関口になっていることが大きい。近隣アジア諸国からの観光客の数が増えていることが考えられます。往来が増えたことで、ウイルスが持ち込まれて広がったことが原因の一つかもしれない」(福岡市保健予防課担当者)

 近年の観光客の増加、アジアに近いという地理的状況が要因として考えられるという。

 また、HIVの感染経路は80%以上が性的接触で、特に男性の「同性間性的接触」による場合が大多数を占めている。

 裏風俗に詳しい風俗ライターの前田たかより氏が博多のハッテン場の現状について詳述する。

「福岡にはちょうど博多と天神の間の那珂川周辺に2つの立ちんぼスポットがあります。川の西側はもともと熟女エリアでしたが、最近では男娼も入り交じっている。とはいえ、大柄なので暗がりでもすぐに男性だと判別できます。ただし、川を渡った東側にもホテル街があり、このエリアの男娼はスリムで女装も完璧なので見分けがつかないかも‥‥。最近はアジアから来たゲイボーイも増えています」

 酔った帰り道、妖艶“美女”から「ナマ本番」と甘くささやかれ、ヤル気を起こすのはご法度なのだ。

 中原氏が注意を喚起する。

「エイズは80年代に日本人でも患者が出るなど大騒ぎとなりましたが、今は薬でウイルスを完全にコントロールでき、いきなり命を失うような怖い病気ではなくなった。その半面、エイズに関する報道は減少している。エイズは性行為時に気をつければ、伝染する病気ではありません。初めての相手と行きずりセックスする場合にコンドームをつけることは不可欠です。感染して風評のいい病気ではないのも事実なので、予防をきちんとして、自分自身を守るべき」

 九州男児のみならず、「ナマ本番」に油断は禁物だ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!