社会

驚愕直言「あなたが知っている健康常識では早死にする!」(1)医療介入で死亡率は46%増

 ちまたに氾濫する「健康常識」を信用すると早死にする──。こう驚きの警告を発するのは、手術、抗がん剤、放射線の3大治療をはじめとする「標準がん治療」に敢然と異を唱え続け、長年にわたる功績で12年には第60回菊池寛賞を受賞した近藤誠医師である。これまでの「当たり前」を根底から覆す、健康長寿の真の秘訣をズバリ直言!

── 近藤先生は世間に流布する、いわゆる「健康情報」はウソだらけだ、とする著書を出されましたが、そこには「本当の健康常識」なるものが、科学的な実証データとともに網羅されています。まず、健康長寿のために不可欠な心構えから教えてください。

近藤 医者や病院に近づかないことです。毎日の御飯がおいしい、自覚症状も特にない。このような健康な人が健診や人間ドックで「異常」を指摘され、医者にかかって治療を受けると、確実に寿命を縮めます。「病気を未然に防ぐ」との大義名分で成り立っている現在の医療システムは、すべからく「健康人」を「病人」に仕立て上げて金を儲けるための錬金術なのです。

── ということは、健診も受けないほうがいい、と。

近藤 そのとおりです。健診や人間ドックなどで正常と異常の境目とされている基準値は、関連する学会が権益の維持や拡大のために勝手に定めたもので、根拠はありません。そもそも、基準値は健康な人たちを集めてγ-GTPなどの値を測定し、上下2.5%に該当する値を切り取って決められたものにすぎません。つまり、健康な人が検査を受けた場合、1つの測定項目だけで、上下合わせて5%の人が自動的に異常値と判定されてしまうのです。

── では、医者に近づくとどれくらい「早死に」するのでしょうか。

近藤 フィンランドで行われた比較試験の結果を見てみると、40歳から55歳までの男性の会社管理職のうち、高血圧や高血糖などの生活習慣病の人たち、もしくはそれが疑われる人たち1200人を2つのグループ、すなわち医療介入を行ったグループと、何もせずに放置したグループに分け、両グループの生死を15年もの間、追跡しています。

── 死亡数の差は、年を追うごとに開いていますね‥‥。

近藤 比較試験の開始から15年後に明らかになった結果は、これまでの常識を完全に覆すものでした。なぜなら、放置群と、薬の数が多いほど死にやすくなることが判明したのです。さらに、5年後に生き残っていた約340人を追跡した調査でも同様の結果が出ました。つまり、病気の人でもこの状況ですから、健康な人が健診などで「異常」を見つけ出されて薬を飲まされるのは、まったくもって有害無益ということになります。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!