芸能

人気漫画「I’s」が実写化!早くもささやかれる「失敗説」の理由とは?

 漫画「ウイングマン」、「電影少女」などの作品で知られる桂正和の代表作「I’s(アイズ)」が実写化されるとWeb系メディアが報じている。主役の瀬戸一貴を「ひよっこ」(NHK)に出演した岡山天音が演じるという。

「I’s」は主人公の一貴と、葦月伊織、秋葉いつきたちが恋愛を繰り広げるラブストーリー。桂正和の繊細なタッチで描かれる切ない物語が評判を呼んだ。それが実写化となれば注目を集めるのは確実だが、早くも不安が持ち上がっている。

「漫画を実写化と聞くと、まず『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』、『ジョジョの奇妙な冒険』が思い浮かびます。どれも成績、内容共に散々でした。そのため『漫画の実写化はハズレ』という風潮ができてしまった。『I’s』もそうなるのではと心配されているんです」(エンタメ誌編集者)

 作品のデキはもちろん、ファンの最大の心配は「ヒロインの葦月伊織を誰が演じるのか」という点にあるようだ。

「葦月伊織が、ただの『漫画のヒロイン』であれば問題にはなりません。桂正和が描いたヒロインだから問題なんです。桂はかわいい女のコを描かせたら漫画家で一番。彼が描くヒロインに恋心を抱いた思春期の若者も少なくない。うかつなタレントが演じれば、『イメージが違いすぎる』と叩かれるのは確実です。正直、誰が演じても批判は確実でしょう。それぐらい彼の描くヒロインは特別なんです」(漫画誌編集者)

 現時点では誰が伊織を演じるのか明らかになっていない。それだけ難航しているということなのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
4
浅田真央、「姉の舞に負けないほど胸が急成長」魅せつけた“ワンピの特徴”!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”