芸能

TVタブーに挑戦し続けたドラマ「やすらぎの郷」、DVD版は爆売れ確実

 4月から放送されたドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日)が9月29日、最終回を迎えた。

「老人にも若い頃があり、人を愛し、家族を持ち、それが現代の人々につながっている。脚本家の倉本聰氏がこのドラマで描いたメッセージの一つです。震災や原発、高齢者の運転免許、大原麗子さんの孤独死、戦争など暗い問題が盛り込まれていましたが、時にはコミカルに風刺していたので観ていて疲れませんでした」(テレビ誌ライター)

 極道と芸能界の関係など、今ではご法度のタブーにも切り込んだ。「やすらぎの郷」創始者が亡くなる前につぶやいたのは「大笑い 三十年の馬鹿騒ぎ」という実在した極道の辞世の句だ。

「登場人物はみんな喫煙者(笑)。こんなドラマはもう今後は許されないでしょう」(エンタメライター)

 昼にドラマ枠を作ったことだけで画期的だったが、CMを極力入れず、最終回は45分に拡大、中島みゆきが歌う主題歌「慕情」をある日は冒頭で、ある日はエンディングで2番だけをかけるなど自由なドラマ作りも魅力だった。

「主題歌も売れているし、ドラマのDVD化も決定しました。半年という長丁場のドラマだけに見返すことで『脚本家・倉本聰』のメッセージがより理解できるはずです。12月から発売が始まるDVDは、かなり売れるのではないでしょうか」(前出・エンタメライター)

 視聴者やスポンサーの顔色をうかがいながらの番組作りが行われる現代でこのようなドラマが放送されたことは、ある意味、奇跡だったのかもしれない。

(笠松和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
2
「アイ・アム・冒険少年」露骨過ぎる“Snow Man推し”が大不評!
3
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
竹内涼真、三吉彩花との「交際」報道に「手越と一緒!」批判のワケ