特集

未来の大物アイドルだ!この夏に抜け出した2つのアイドルグループ

Sponsored

 次から次へと新しいスターが誕生するアイドル業界に今、中学生旋風が吹き荒れているという。この夏に開催されたアイドルフェスにて、中学生メンバーの所属するグループが次々と会場を満員にし、ファンを熱狂させたというのだ。アイドル誌のライターがいま注目すべきアイドルグループを紹介する。

「最もホットな中学生トリオが“タスク”こと『Task have Fun』です。中3の熊澤風花と白岡今日花、そして中2の里仲菜月によるタスクはこの夏、『いま観るべきグループ』に躍進。その原動力となったのが5月にリリースした最新曲『3WD』のMVで、再生回数はすでに14万回に達しています。ビートの効いたファンク調のサウンドに、思わず真似したくなるダンスのコラボは最強。可愛らしさ満点ながら少し大人びて見えるルックスも評価が高く、10月1日に行われた単独公演は早々にソールドアウトしました」

 そのタスクに加えての注目は、昨年まで4人中3人が中学生だった“オサカナ”こと「sora tob sakana」。

 変拍子も取り入れたポストロックを純粋無垢の少女たちが歌いこなす様が、美少女好きはもちろん楽曲派と呼ばれる層に評価されている。この2組に共通するのは楽曲の良さで、「ライブはもちろん、音源を聴くだけでも楽しめる」と評価されているようだ。

「中学生メインのグループでは『子供すぎる』という批判がつきもの。それがタスクでは全員が160センチ以上と高身長なこともあり、純粋にそのパフォーマンスを楽しめます。またオサカナのほうは夏フェスでほとんどMCをせず、楽曲に集中するライブを展開。ファンも変拍子をカウントしながら耳を研ぎ澄ませるという楽しみ方を身に付けているようです」(前出・アイドル誌ライター)

 10月4日発売の「アサ芸シークレットVol.48」ではこの2組に加え、結成9カ月で夏フェスのメインステージを踏んだ「26時のマスカレイド」や、事務所移籍後に躍進を遂げた「ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)」のインタビューを掲載。最新のアイドル事情をチェックしてはいかがだろうか。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?