エンタメ

5億円「ハロウィンジャンボ宝くじ」1等「13万台」がついに出る(1)当せんの期待値がアップ?

 5大ジャンボ宝くじの一つ、オータムジャンボが「ハロウィンジャンボ」と名称変更し、10月11日から発売される。前後賞合わせて最高5億円のビッグチャンスというのは昨年と変わらないが、今回は配当総額や当せん本数がアップ。当たりやすくなったこのチャンスを絶対に逃す手はない!

 新名称「ハロウィンジャンボ宝くじ」は1等3億円が10本、前後賞1億円が20本(10ユニット発売時)と、ジャンボならではの爆発力を秘めながら、今年は1万円の「ハロウィン賞」が30万本加わるなど、当せんの期待値がアップしているという。宝くじアドバイザーの長利正弘氏が話す。

「昨年のオータムジャンボは、1ユニット(1000万枚)当たりの配当総額が14億990万円でしたが、新名称のハロウィンジャンボは14億3990万円に増額。昨年に比べて、2等1000万円の本数こそ減っていますが、3等100万円やハロウィン賞が加わるなど、的中のチャンスがグッと近づいています」

 1ユニット当たり300万円の増額となれば、10ユニットで3億円のアップとなる。全国紙社会部記者がその背景を解説する。

「今、宝くじは過渡期に直面しています。12年以降、年間の売り上げは1兆円を割り続けていて、昨年度は約8500億円で、最盛期に比べて約25%も減少してしまった。そんな中、9月に東京都が2020年の東京五輪・パラリンピック大会経費のうち、都外での競技開催に伴う費用340億円について、宝くじの収益から財源を確保することで関係自治体と合意したと発表しました。そのためにも『身近で夢のある宝くじ』のイメージを復活させたい。その雰囲気作りもあり、法律で定められている『配当は50%まで』にできるだけ近づけて、当たりやすさを演出したいわけです」

 運営側にとっては2等1000万円の本数や3等、特別賞の賞金額がここ数年の課題で、試行錯誤が続いている。所管の総務省にしても、

「例えば公営ギャンブルのように、スマホで24時間購入できるネット販売を検討するなど、ブーム再来に向けての企画案を検討しています」(前出・社会部記者)

 となれば、このチャンスこそ、運だけに頼らず、バットを長く持って一発を狙ってみたいところだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱