芸能

「陸王」ヒットにあやかった?19年NHK大河に配役&脚本“激カブリ”の指摘

 老舗の足袋屋が、マラソンシューズの開発に挑むドラマ「陸王」(TBS系)。初回視聴率14.7%、第2回が14.0%と、前評判通りの高視聴率を上げている。そんなヒットドラマに目を付けたのか、何と天下のNHKが、同じようなテーマに目を付けていることが明らかになり、波紋を呼んでいる。

「2019年に放送される大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』では、中村勘九郎演じるオリンピックに初参加した男・金栗四三と阿部サダヲ演じるオリンピックを呼び込んだ男・田畑政治の2人が、リレー式で“知られざる五輪の歴史”を描きます。この中で、金栗とマラソン用足袋を二人三脚で開発する足袋屋が大きくクローズアップされていることで、記者会見の席でもどよめきが起きました」(テレビ誌記者)

 さらに、11月1日に発表された新キャストの顔ぶれが二度ビックリだ。マラソン足袋を開発する店主役に「陸王」にも出演中のピエール瀧、さらにオリンピック初出場のために奮闘する“日本スポーツ界の父”嘉納治五郎役に、「陸王」では主役・老舗足袋屋の社長を演じている役所広司がキャスティングされると知り、驚きの声が上がったという。

「NHKの制作統括も、思わず“カブっちゃってびっくり”“でもそれも楽しいですよね”と開き直っていました。いくら『陸王』の視聴率がいいからと言って、NHKの看板番組が民放のドラマの内容はもちろん、キャストまでカブりまくるなんて、前代未聞ですよ」(前出・テレビ誌記者)

 しかもこの脚本を手掛けるのが、ヒットメーカーと言われる宮藤官九郎だけに、首を傾げたくなる気持ちもわかる。しかし、これには理由もあるという。

「クドカンは大河ドラマの脚本を手掛けるのは、今回が初めて。NHK朝ドラ『あまちゃん』では大ヒットを飛ばしたものの、マニアックなストーリー展開が多いだけに、視聴率的に苦しむことが多いのも事実です。ところが今回は、国民的なイベントの東京五輪を翌年に控えているだけに視聴率的にも絶対に失敗できない。なりふり構っていられないという背景もあるんじゃないでしょうか」(エンタメ誌ライター)

 それでなくても、大河ドラマで、近・現代モノは鬼門ともいわれている。来たる東京五輪の成功を占う意味でも、19年の大河ドラマ「いだてん」には成功を収めて欲しいものだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々