社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「痛みやかゆみだけではなく失明の危険も。規則正しい生活で予防も可能な目の病気」

 目にかゆみや痛みなどの不調を感じたことがあると思います。多くは「ものもらい」か「結膜炎」で、充血や目やにが生じるなど似た症状です。

 疲れ目やアルコールの大量摂取、寝不足続きなどの充血は、放っておいても数時間で治まります。早く治したければ温かいタオルを当てて目を休めるといいでしょう。充血を抑える目薬も販売されていますが、血管を収縮させ、赤みを抑えるだけなのでおすすめできません。

 では、ここで質問です。ものもらいと結膜炎を比べた時、どちらがより危険でしょうか。

 ものもらいの正式名称は「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と言います。まぶたの裏にある皮脂腺に炎症を起こす症状で、まれにまつ毛の毛穴が炎症を起こすケースもあります。まぶた=皮膚の病気であり、安静にしていればほとんどは自然に治ります。長引く場合は眼科で抗生物質をもらってください。

 一方、眼球とまぶたを結ぶ結膜が炎症を起こす結膜炎は、眼球の表面に症状が現れます。

 充血がなかなか取れない場合、目に入ったごみが結膜を傷つけていたり、アレルギー性結膜炎や感染性結膜炎、あるいは乾性角結膜炎(ドライアイ)の可能性があります。

 インフルエンザ菌や肺炎球菌による細菌性結膜炎や、プール熱での発熱=ウイルス性結膜炎になると、人から人へと感染することもあります。家族がかかった場合には、同じタオルを使わないようにしなければなりません。花粉症によるアレルギー性結膜炎の場合、目をかきすぎて白内障になるケースもあります。かゆくても目はかかないようにしてください。

 ものもらいは、ひどい場合でも眼科で切開すれば治りますし、他人にも移りにくい病気ですが、結膜炎は他人への感染がある分、ものもらいよりも怖い症状と言えます。

 同じ目の病気の中で、さらに結膜炎以上にやっかいとなるものがあります。眼球の黒目に当たる角膜の病気=角膜炎です。結膜と角膜はつながっており、結膜の病気を放っておいて角膜障害を起こした場合、非常に危険となります。なぜなら角膜は非常にデリケートで、一度壊れると二度と再生しないからです。

 以前、コンタクトレンズを2カ月入れたままにしていた若い男性が、痛みを感じたのでレンズを剥がそうと病院に行ったところ、角膜も全て剥がれてしまったということがありました。こうなると視覚は真っ白にぼやけます。元に戻すには角膜移植しかありません。

 もう一つ怖いのが、ヘルペスによる角膜炎です。目のふちや口内のヘルペスや帯状疱疹の汁が目に入った場合、こちらも失明の原因となります。顔面に帯状疱疹ができた場合、目の中に細菌が入らぬよう注意する必要があります。

 また、ウイルスが角膜の外側で増える上皮型や、角膜の中心で起こる実質型があり、いずれも症状が進むと細菌の混入で失明に至ることさえあります。こうした場合、治療で症状は消えてもヘルペスが神経の奥に潜んでいることもあり、再発の可能性もあるのです。

 角膜炎は性病から感染する危険性もあります。ヘルペス保菌者の女性にオーラルセックスをして細菌が目に入り失明した「性器ヘルペス」もあれば、性器クラミジア感染者の膣内の分泌物が指を経由して目に触れ、角膜に細菌感染することもあります。こちらはクラミジアによる結膜炎「トラコーマ」と呼ばれます。

 結膜炎と角膜炎は症状が似ており、特に角膜炎には失明のリスクがつきまといます。体調不良だと発症を誘発しやすいので、規則正しい生活が肝心です。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?