芸能

真木よう子「週刊誌に怒鳴り込み」奇行現場(3)離婚後にホストクラブで…

 真木が女優として花を咲かせたのは、13年に公開された映画「さよなら渓谷」(ファントム・フィルム)。過去に自分を暴行した加害者と夫婦生活を送る役に挑み、第37回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞など、数々の映画賞を受賞して大きく飛躍した。

「中学卒業後は俳優の仲代達矢(84)が主宰する『無名塾』に入塾して演技の稽古に没頭していましたが、日課のランニングの順番を巡って仲代とケンカ。そのまま塾を辞めてしまいました。それから長い下積みの間、ずっと支えてきたのが現在の事務所社長です。それなのに最近の身勝手すぎる奇行はありえないと、近しい関係者はあきれ、サジを投げています」(スポーツ紙記者)

 私生活でも“お騒がせ”な状況が続いていた。08年に元俳優の男性と結婚して翌年には長女が誕生。が、12年夏には演出家の男性と泥酔した状態で密着しながら飲み屋街を歩いている姿をフライデーされ、その3年後には離婚している。

「昨年5月には歌舞伎町の老舗ホストクラブで豪遊していた様子が女性誌で報じられています。記事では2000万円ほど使ったと出ていますが、実際にはその倍近く使ったという話も聞きました。報道が出てからは、その店に通っていないそうです」(プロダクション関係者)

 真木を知るテレビ局関係者もこう明かす。

「ふだんは男っぽい性格でサバサバしているのですが、つきあっている男性に影響されるタイプ。男の求めるまま尽くす傾向にあるようです。離婚後に宴席で一緒になった時は、酔っ払ってやたらハイテンションになったり、最近では『UFOが見える~』と一人でハシャいでいました」

 所属事務所の公式サイトでは、真木のスケジュールは白紙状態。「引退危機」もささやかれる中、芸能評論家の三杉武氏は今後の女優業についてこう懸念する。

「確かに体調不良は心配ですが、何より今回の映画の降板の影響が大きい。業界で『使いづらい』というイメージがついて、オファーしづらい存在になってしまいました。もし復帰するならば、30代で濡れ場を演じられる女優はほとんどいないので、体当たりヌードなど、そういう路線を目指してほしいものです」

 11月1日からオンエアが始まった「資生堂 表情プロジェクト」のCMでは、

「表情って自分だけのものじゃない」

 こんなセリフのあと、満面の笑みを浮かべた真木。再び、その笑顔をドラマや映画で見られる日は来るのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
2
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
3
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
4
宇垣美里、インナーがずり落ちて…ユルユル胸元から覗いた圧巻「Gカップ」
5
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!