芸能

深田恭子、イベントで炸裂させた「胸の渓谷」「童心アピール」の絶妙バランス

「2017年“最も美しい顔”」に深田恭子が選ばれ、12月13日、都内で行われた「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2017」授賞式に出席。登壇して喜びのコメントを発表した。

「深田はクッキリとした胸の渓谷がバッチリ拝める白のロングドレスで登場してましたが、艶っぽさも全開にしつつ『健康美』という言葉もしっくりくる独特のオーラを発していましたね。メイクについて『潤いを残したメイクが好き』と語り、今一番ときめきを感じているものとしてダイビングをあげ、アクティブな日々をエンジョイしていることを打ち明けるなど、ノリノリでしたよ」(女性誌記者)

 そして美の秘訣について聞かれ明かしたのが「食」へのこだわり。時間がある時に家でレシピ本を見ながらまとめて作り置きしタッパーに保存しているそうで、健康には気をつかっているという。

「若い頃、お酒が大好きな深田は女友達と深酒しては、後先考えずに高カロリーラーメンをドカ食いしていたようですが、今は好調な女優業を大事にしながらプライベートの充実にも力を注いでいます。結果、ありのままの美しさで勝負する写真集は次々バカ売れして、同性からの支持も集め、なりたい女優、憧れの女性に選ばれる。これがいい循環となって深田のプロ意識を刺激し、高いモチベーションをキープする原動力になっているようですね」(芸能ライター)

 12月14日に発表された「2017年度銘柄別CM好感度ランキング」では、深田が出演するUQコミュニケーションズのCMが初のベスト10入りした。昨年の1497位から最高位の6位に大躍進。ピンクレディーの往年のヒット曲「UFO」をバックに、深田、多部未華子、永野芽郁が3姉妹に扮し藤原紀香のゲスト出演もあって、注目度もアップ。深田は美脚を全開にしたゴルフウェア姿などさわやかな色香をふりまき、話題を呼んだ。

「深田の魅力は大人ボディーと子供っぽさを残した内面との絶妙なアンバランスさ。“大人カワイイ”を体現したキャラと言えそうです。13日の授賞式では、理想のクリスマスを聞かれて、子供時代まんまの『チキンを食べて部屋を飾り、ツリーの下にクリスマスプレゼントがたくさんあるベタなクリスマス』と夢想してました。『大人になりきれない自分』を楽しんでいるようにさえ見えました」(前出・芸能ライター)

 2018年もますます深キョンワールドを充実させていきそうな深田だった。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察